映画-Movie Walker > 作品を探す > スタンダールの恋愛論

スタンダールのエッセイ『恋愛論』を現代におきかえて映画化したもので、脚色は監督のジャン・オーレルと「浮気なカロリーヌ」の原作者として知られるセシル・サン・ローラン。撮影はエドモン・リシャール、音楽はアンドレ・オディールが担当した。出演は「小間使の日記」のミシェル・ピッコリ、「予期せぬ出来事」のエルザ・マルティネッリ、「国境は燃えている」のアンナ・カリーナ、「フィフィ大空をゆく」のフィリップ・アブロン、カナダ生まれの新人ジョアンナ・シムカス、「輪舞」のジャン・ソレルほか。なお、トレーションを松村達雄が担当している。製作は「女と男のいる舗道」のピエール・ブロンベルジェ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

エレーヌ(A・カリーナ)とセルジュ(P・アブロン)の場合。恋の攻防戦は、まずセルジュの方から先制の口火をきった。町角で声をかけ、バスの中まで追いかけ、とうとうレストランに連れ込むことに成功。だが敵もさるもの、発止と渡りあい、容易には陥落しない。だがセルジュは休みなく攻撃を続け、押しの一手で、ついに恋の勝利者となった。続いてソフィー(J・シムカス)とウェルテル(B・ガルニエ)の場合はどうか。ウェルテルは誠実で内気で、あまりに礼儀正しすぎたためか、ソフィーを愛していながらも失敗した。彼のあまりの臆病さに彼女は怒ってしまったのだ。そんな二人を見ていたのが当代のドン・ファン、歯科医のラウール(M・ピッコリ)だ。彼は水際だった色事師ぶりを発揮して、またたく間にソフィーを陥落させた。しかしドン・ファンほど嫉妬ぶかいという。デート中にソフィーは、とあるアパートに立ち寄り、なかなか出てこなかった。彼女は別れた夫の部屋に行ったのだ。二人の情事を知ったラウールはソフィーを車の中で殴りつけた。それをみていたのがラウールの車と並行して走っていたマチルド(E・マルチネリ)だった。二人はいわゆる一目惚れという発作。二台の車は森の中のホテルにたどりついた。人後に落ちぬプレイボーイとプレイガールの対決である。だがラウールは失敗した。翌日、再び二人は会ったがやはりラウールは失敗。彼の苦悩は、はた目にもいたいたしいほどたった。数日後、マチルドがボーイフレンドとデートの日、ラウールは彼らを尾行した。嫉妬にかられたラウールはマチルドを奪い、海岸で彼女を抱いた。ラウールは過去に関係したすべての女性を八ミリに収める習慣だったが、ついにマチルドも、彼のコレクションに入れることができた。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 De L'amour
製作年 1965年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スタンダールの恋愛論