カトマンズの男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

カトマンズの男

1966年5月14日公開
  • 上映館を探す

ジュール・ヴェルヌの小説『中国での中国人の苦難』(Tribulations of a Chinese in China)をダニエル・ブーランジェとフィリップ・ド・ブロカが脚色、「リオの男」のフィリップ・ド・ブロカが監督したアクション編。撮影はエドモン・セシャン、音楽は「柔らかい肌」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「リオの男」のジャン・ポール・ベルモンド、「何かいいことないか子猫チャン」のウルスラ・アンドレスのほかに舞台出身のジャン・ロシュフォール、ヴァレリー・インキジノフなど。製作はアレクサンドル・ムヌーシュキンとジョルジュ・ダンシジェール。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

莫大な父の遺産をもち、あらゆる快楽にあき果てて、生きている意義も見出せないという現代の退屈男アルテュール(J・P・ベルモンド)は、自殺法の研究をしては実行しているがいつも失敗している。彼は一家と共に世界一周航海にでて、香港についた時株の大暴落で破産したことを告げられた。これで自殺の名目ができたと喜んだのも束の間、中国人の友人ゴオに止められた。どうせ死ぬなら有意義に死ねと言い、彼に二百万ドルの生命保険をかけた。そして一ヵ月以内に優雅に殺してあげるというのだ。その直後からアルテュールの行くところ、常に怪しい二人の尾行者がつきまとうのだった。そうなると自殺志願者のアルテュールも生命の危険を感じて、懸命に逃げまわるというおかしな話になった。港のバーに逃げこんだ時、ストリッパーのアレキサンドリーヌ(U・アンドシス)にかくまってもらった。彼女は考古学者のタマゴで、アルバイトにストリッパーをやっているのだという。彼は一目で好意をもったが、恋を語っているヒマはない。ゴオともう一度話し合おうとしたが氏は不在。彼を追ってネパールへ行った。例によって二人の尾行者がついてくる。だが調べてみると二人は保険会社がつけたボディ・ガードだった。そしてアルテュールの生命を狙っているのは、保険金の一部をもらう約束になっている香港ギャングのボス、フォリンスターたった。本格的殺し屋に狙われる運命となったアルテュールはアレキサンドリーヌと共に、はでな市街戦を行い、中国海に脱出マレーのジャングルでも大奮戦。そしてついにフォリンスターに打ち勝った。アレキサンドリーヌと共にやっと生きる喜びを得たのも束の間、破産宣告は間違いだったことがわかり、またまた昔どおりの退屈男にもどってしまうのだった。

作品データ

原題
Les Tribulations D'un Chinois en Chine
製作年
1965年
製作国
フランス イタリア
配給
日本ユナイト映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?