ピカソこの天才を見よ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ピカソこの天才を見よ

1956年11月28日公開,50分
  • 上映館を探す

一九五三年、イタリアにおける“ピカソ展”開催記念として、不世出の画家パブロ・ピカソ〈一八八一年、スペインのマラガ生〉の代表的な傑作集を、アトリエにおける制作ぶりと共にフェラニアカラー色彩キャメラに収めた作品。監督は、美術映画「レオナルド・ダ・ヴィンチ」で五二年ヴェニス国際映画祭、短篇グラン・プリを受賞した「高校三年」のルチアーノ・エンメル。撮影はジュリオ・ジャンニーニ、音楽は「女と奇蹟」のロマン・ヴラド。解説執筆のレナート・グットゥーゾは現代イタリアの中堅画家、同じくアントネッロ・トロンバドーリは美術評論家として著名である。映画は、制作する七十三歳の老匠の姿に始まり、続いて十四歳の時のロートレックばりのデッサンや習作、乞食やサーカス芸人を好んで描いた“青”と“桃色”の時代、一九〇九年から十四年に至る立体派時代を経て、新古典派、抽象派、近年の“戦争と平和”をテーマとする絵画、及び陶器に至るピカソ発展の跡を辿り、始めと同様、制作にいそしむピカソの姿で終る。製作は「戦争と女」の脚本家セルジオ・アミディ。

作品データ

原題
Picasso
製作年
1954年
製作国
イタリア
配給
イタリフィルム=新外映
上映時間
50分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?