TOP > 映画作品を探す > 赤い風船(1956)

「白い馬」のアルベール・ラモリスが、前作完成後慎重な準備の末に発表した色彩短篇。当年五歳の息子パスカル(「白い馬」では主人公の弟役で出演)を主演に、赤い風船と少年の愛情の交錯を、風船の動きに情感を仮託する奇抜な着想で描く。所要時間三十六分の中に話される台詞は僅かに三つ、コメンタリイもなく、映像だけが流れるように展開する一種の映画詩である。撮影エドモン・セシャン、音楽モーリス・ルルーとも「白い馬」のメンバー。一九五六年カンヌ映画祭で短篇グラン・プリを受賞した。

4/5
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある日、パリに住む一人の少年が学校へ行く途中、街灯にひっかかっている赤い風船をみつけた。風船と少年はすぐに仲好しになる。紐でつながれていない風船は、小犬のように小さな主人について、どこまでも行く。だがこの風船は仲々言うことを聞こうとしない。学校でも、ミサの席でも風船は騒動を惹き起す。街の腕白小僧が、この風船を奪い取る。少年はとり返すが腕白達に追い廻されて風船はこわれてしまう。するとパリ中の風船が怒りだし、少年を天国へ連れて行く。

作品データ

原題 Le Ballon Rouge
製作年 1956年
製作国 フランス
配給 東和
上映時間 36
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

風船が生きてます(お世辞込み)

投稿者:tad

(投稿日:2009/5/1)

1956年カンヌ国際映画祭パルムドール(短編)を受賞をはじめ…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 赤い風船(1956)