映画-Movie Walker > 作品を探す > フルフル > レビュー

投稿レビュー(1件)フルフルは星5つ

花売り娘の流転。 (投稿日:2013年5月29日)

名作、「さらば青春」1918年、の、老大家アウグスト・ジェニーナ監督の、情緒纏綿たる一編である。

フルフルとは、衣擦れの音のこと、16歳の花売り娘の少女(ダニー・ロバン)はそう呼ばれていた。

時は1912年。ロシアの公爵、実業家など、4人が集う盛り場で、フルフルを皆で世話しようということになった、
フルフルを歌手として、舞台に上げて大成功を収めたのだ。

そんな時フルフルは、ある男と駆け落ち、姿を消してしまったのだった。

しかし、程なくして男に捨てられたフルフルは傷心のまま帰ってきた、

見かねた、ロシアの公爵がフルフルをロシアに連れ帰ることにした。

しかし、おりしもロシア革命勃発。二人は無一文になって7年後パリに舞い戻ってきた、

フルフルは舞台に立って、稼ぐ。しかし、公爵はフルフルを捨てて去って行く。

そんな折、新しい男がフルフルの前に現れる。しかし、その男は自殺、

フルフルは、身ごもっていた娘を出産し独りで育てて行く。

時は流れ、、数十年後、、フルフルの娘も丁度16歳になり、、恋をする。

そして、恋人と去っていく娘を今は老いたフルフルは許して見送るのだった。

だって、自分もかって、そうだったのだから。

しかし、今こんな映画ってあるだろうか?

現代では、ありえない内容・筋書きの映画ではある。

ダニーロバンも良かったですよね。

え?ダニーロバンなんて知らない?

そうですよね、知るはずもないですよね。

そうです。53年も前の映画でした。

半世紀前です。もうこんな映画誰も知りません。

シャンソン 「フルフル」は今でも歌われていますね。

ベルエポック時代の懐かしいシャンソンです。

映画「フルフル」でも、劇中にこのシャンソンが流れていました。
»ガイドライン違反報告

投稿:キネマ白道

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > フルフル > レビュー