TOP > 上映中の映画作品を探す > ロミオとジュリエット(1964)

ウィリアム・シェークスピアの原作を、リカルド・フレーダが脚色・監督した恋愛悲劇。撮影は「皇帝のビーナス」のガボール・ポガニー、音楽はチャイコフスキー、ラフマニノフのものを使っている。出演は「二十歳の恋」(イタリア編)のジェロニモ・メニエル、新人ローズマリー・デクスターほか。イーストマンカラー・クロモスコープ、一九六四年作品。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ベロナの名門モンタギュー家とキャプレット家は長年にわたり反目を続けていた。モンタギュー家の一人息子ロミオ(ジェロニモ・メニエル)は、ある日友人とキャプレット家の舞踏会にしのび込み、ジェリエット(ローズマリー・デクスター)という美しい娘に会った。二人はバルコニーへと人目をのがれたが、お互いの家のことを知り驚ろいた。しかしこの夜以来、二人の心は両家の反目をよそにかたく結ばれた。ローレンス神父を訪れたロミオは、二人の結婚のための協力をたのんだ。一方、二人の恋に気づいたキャプレット夫人の甥ティーボルトはロミオに決闘状をつきつけた。決闘の日、一緒に来たロミオの友人は卑劣なティーボルトに刺し殺されたので、怒ったロミオはティーボルトを刺し倒してしまった。当時ベロナでは決闘は禁じられていたため、ロミオは追放されることになった。彼は深夜ひそかにジュリエットの寝室を訪れ、翌朝ロミオは神父の助けでマトンバに身をかくした。一方ジュリエットは母の独断でパリス伯爵との結婚が決ってしまった。思案にあまったジュリエットは神父を訪ね彼から四十二時間死人同様に眠り続ける薬をもらい、その後のことはすべて神父にまかせることにした。ところが連絡の手ちがいで、ロミオはジュリエットが本当に死んだものと思い、自分も毒薬をのんで、地下の墓場のジュリエットのそばに倒れた。仮死からさめたジュリエットは悲しみのあまり自らの胸元に短刀を突きさした。

作品データ

原題 Romeo e Giulietta
製作年 1964年
製作国 イタリア
配給 東和
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ロミオとジュリエット(1964)