映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 女が愛情に渇くとき

ペネロープ・モーティマーの原作を、ハロルド・ピンターが脚色、「年上の女」のジャック・クレイトンが監督した女性映画。撮影は「ナバロンの要塞」のオズワルド・モリス、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「奇跡の人」のアン・バンクロフト、「ダイヤモンド作戦」のピーター・フィンチ、「ローマ帝国の滅亡」のジェームズ・メイソン、ほかに、ジャニー・グレイリチャード・ジョンソンマギー・スミスなど。製作は「年上の女」のジェームズ・ウルフ

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ジョー(アン・バンクロフト)は二度結婚し、八人の子供を生んだ女だった。現在の夫ジェイク(ピーター・フィンチ)はシナリオ・ライターとして成功し、ロンドン郊外になに不自由なく暮している。ジョーの最初の夫は大戦で戦死、二番目の夫はバイオリニストだったが生活は苦しかった。その頃突然現われたジェイクにひかれ三度目の結婚をしたのだった。ジェイクはジョーを愛してはいたが次々と浮気をしていった。ジョーは次第にヒステリックになり、精神病医にみてもらった。医者は、子供を生むことや、性について語り、その言葉は彼女の胸に強く突き刺った。ジョーは九人目の子供を懐妊したが、ジェイクのすすめで堕胎した。ジョーに新しい生活がよみがえり、新築の家も完成した。パーティーの日、女優ベスとその夫コンウェイを招いたジョーだったが、ベスと夫のただならぬ関係を知った。その上ベスはジェイクの子をやどしていた。逆上したジョーは大喧嘩の末に家をとび出し、前夫ジルスの寝室を訪れた。その後ジョーは一人、田舎の別荘にこもった。そこへジェイクは子供たちをつれてやってきた。ジェイクをむかえるジョーの眼に涙があふれた。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Pumpkin Eater
製作年 1964年
製作国 イギリス
配給 コロムビア
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 女が愛情に渇くとき