TOP > 上映中の映画作品を探す > おかしな泥棒 ディック&ジェーン

幸福な中産階級生活をしていた夫婦が、泥棒に転じて大活躍するロマンチック・コメディ。製作はピーター・バートマックス・パレヴスキー、監督はテッド・コッチェフ、脚本はデイヴィッド・ガイラージェリー・ベルソンモーデカル・リッチラー、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はアーネスト・ゴールドが各々担当。主題歌をザ・ムービーズが唄っている。出演はジョージ・シーガルジェーン・フォンダエド・マクマホンハンク・ガルシア、シーン・フライなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ディック(ジョージ・シーガル)は、妻ジェーン(ジェーン・フォンダ)と11歳の息子ビリー(シーン・フライ)と共に幸福な生活をしていた。ところが、ある日、ディックが勤め先の航空宇宙会社にいくと、「クビだ!」。不況のあおりをくらい、ディックはスゴスゴと家に帰っていった。さて家ではジェーンが建設中のプールの陣頭指揮をし、庭の模様がえまでやっている。つまり、金を使っているのだ。ディックは失業したことをつげると、今まで働いていた職人は帰り、ジェーンもショック。2人は借金の山をかかえ、職さがしだ。ついに職安へ行くディックはそこでバッタリと、元の会社に勤めていたラオール(ハンク・ガルシア)に会う。彼も今や失業者。2人は町のオペラ舞台に出演するが、そこを職安にみつかり、3年間の失業保険停止処分。こうなったらしかたがない。ディックとジェーンはローン会社へ、利子18.5%で金を借りに--、と、そこへ強盗がおしいってきた。なんとか逃げた2人。だが、ジェーンはニコニコ。何と彼女はドサクサにまぎれて、2千ドルをくすねてきたのだ。やっと借金もかえし、豪華な夕食の時をむかえた彼ら。でも、いつまでもこれは続かない。ついにディックはホールドアップ稼業、つまり強盗をやることを決意した。最初の仕事はスーパーマーケットで12ドル。そして彼らはだんだんと実力を発揮していき、大ベテランになっていった。ディック家にはようやく往年の華やかな雰囲気がもどる。パーティを開いたり、幸福なムード。そんな2人は、ある日、TVをみていて、元の会社、つまり航空宇宙会社の副社長チャーリー(エド・マクマホン)が、贈賄の疑いで査問会に引き出されるのを知ったのだ。チャーリーの金庫に隠し金がある--。翌週、航空宇宙会社では、アラブとの契約を祝って、盛大なパーティが催される。早速、これに出席するディックとジェーン。そして金を盗み出して、いざ帰ろうという時に、それを見抜いたチャーリーがやってきた。さあ大変、ディックは、チャーリーのすきを見て、警官を呼び、このやって来た警官にチャーリーは何もいえず、追い帰してしまう。こうして、2人は大金を得、後にチャーリーは贈賄がバレてくびになり、かわりにディックが彼の席におさまるのでした。

作品データ

原題 Fun with Dick and Jane
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > おかしな泥棒 ディック&ジェーン