黒い世界|MOVIE WALKER PRESS
MENU

黒い世界

1964年6月17日公開
  • 上映館を探す

性病の怖しさを警告するドキュメント映画「忍びよる病毒」を世界中に公開したヘルマン・ワルブリュックが演出、ハンス・L・ミンツロフが台詞指導したセミ・ドキュメンタリー。撮影はステフォ・ランドゥプ、編集はマーリース・デッチェンが担当した。製作はゲルト・F・レーツ。出演は「失われた堆積」のアレクサンダー・ガブリック、ルート・ガスマン、ペーター・ハイム、マンリック・シューマッハーなど、TV畑の俳優。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

近来欧州で再び流行の兆のある性病の病源地帯と目されるアフリカはエチオピアのアジス・アベバ、マッサワ、アスマラなど、その侵入の門戸と思われる地中海沿岸の港町、及び流行伝染の牙城と推定されるウィーン、ミュンヘン等の夜の盛り場の実態を探る。それに伝染径路と、病源地の伝染状況を、実写記録と簡単な劇を加えて判りやすく解説するが、世界保健協会から委嘱を受けた小部隊の医師団が、各流行地を視察するかたちのもの。

作品データ

原題
Teufel im Fleisch
製作年
1963年
製作国
西ドイツ
配給
ヨーロッパ・フィルム

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?