禁じられた恋の島|MOVIE WALKER PRESS
MENU

禁じられた恋の島

1963年8月18日公開
  • 上映館を探す

一九六二年のサン・セバスチャン映画祭で最優秀映画賞を獲得。原作はイタリアの作家エルザ・モランティ。監督は「くち紅」の新人ダミアーノ・ダミアーニ。撮影はロベルト・ジェラルディ。シナリオはダミアーノ・ダミアーニ、ウーゴ・リベラトーレ、エンリコ・リブルチの三人が「豊かなる成熟」「自転車泥棒」などのシナリオ・ライター、チェザーレ・ザバッティニーの協力を得て執筆している。音楽は「イタリア式離婚狂想曲」のカルロ・ルスティケリ。主役は三人とも新人で、アルトゥロになる十六歳の男の子ヴァニ・ド・メイグレはフランス系のイタリア人。アルトゥロの父親役のレジナルド・ケルナンはアメリカ人。後妻役のケイ・マースマンもアメリカ生れで、カルロ・ポンティに認められて映画に初出演した。製作はカルロ・ポンティ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナポリ湾の小島プロチーダに、今年十六歳のアルトゥロ(ジラルディ・デ・メイグレ)は父ウィレム(レジナルド・ケルナン)と二人きりで住んでいた。父は、ほとんど家に居ず、島を離れると数カ月も戻らぬことがあった。父を尊敬しているアルトゥロは淋しかったが、父は何か素晴らしい冒険を試みているのだと思っていた。その父が、美しいヌンチアータ(ケイ・マースマン)という若い娘を妻として連れてきた。アルトゥロは、初め彼女を憎み、またその美しい異性に何か少年らしい反揆を感じるが、やがて複雑な思慕の情をおぼえるようになる。そのうち、ウィレムがまた島を出て行き、アルトゥロとヌンチアータだけの暮しが始まった。数カ月過ぎて彼女が男の子を生んだころ、アルトゥロの彼女に対する想いは激しい恋に変っていた。ヌンチアータは、少年を愛したが、義理の親子の垣を越えようとはしない。そんなとき、サーカス芸人あがりの女テレサがアルトゥロに近づく。一度は誘惑に負けた少年だったが、自分が心を捧げるのはヌンチアータだけだと、改めて思い知るのだった。ウィレムが戻ってきた。みすぼらしく疲れ果てた姿で--。しかも、その同じ船で護送されてきた囚人トニーの脱獄を助け、わが家にかくまう父。トニーに出て行ってくれと頼むと、彼はウィレムと一緒に島を出て行くのだとうそぶく。彼らは同性愛なのである。アルトゥロは、父がトニーのような男に頭が上らぬのを目撃してショックだった。その夜、アルトゥロは島を出た。父とヌンチアータへの愛情を心の奥底に秘めて……。

作品データ

原題
Arturo's Island
製作年
1962年
製作国
イタリア
配給
日本ヘラルド映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • paramecium

    5
    2011/2/6

    もうお目にかかれない映画になってしまった感がありますが、半世紀前の映画で、65歳の私の青春時代に2度みたものです。
    手元に原作のモランテの翻訳本がありますので、時に手に採る度にもう一度見てみたいなと思います。
    あの頃のヨーロッパ映画はテーマ音楽も印象的に残る素敵なものが多かったですね。
    今見る事が出来たらどんな感じを受けるか分かりませんが多分興味深く鑑賞できるのではないかと思います。
    先日you tubeでタイトルバックが投稿されているのを見ましてもう一度見る事が出来ればという思いを新たにしているところでこれを書いております。
    さすがにイタリアではDVDも売られているようですが、手に入れるのは少し難しそうです。字幕なしでは雰囲気しか分からず、セリフや語りの言葉を直接理解する事もかないませんから手に入っても「猫に小判」になるかもしれません。それでも見たいですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告