映画-Movie Walker > 作品を探す > 史上最大の喜劇 地上最笑の作戦

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第一次大戦のイタリア。その頃、ある町で軍事裁判が開かれていた。被告はコッポラ(チッチョ・イングラッシア)とフランコ(フランコ・フランキ)の二人の兵士。敵前で脱走を企てたというのだ。弁護人は弁論を始めた--。ある日、志願兵と間違われたコッポラとフランコは、戦場行の列車に乗せられ、戦闘に参加することになった。戦闘はつらかったが、楽しみもあった。時折、慰問女性のナイヤ(ヴィルナ・リージ)が来ることだ。大佐はナイヤをドイツ女に化けさせ、巨砲の所在を探ろうと考えた。この巨砲のためイタリア軍は進撃できなかったから。ある時、コッポラとフランコは戦地からずらかろうと思った。が、ひと眠りしてみると、どうしたことかイタリア軍は撤退し、オーストリア・ハンガリー部隊がのり込んで来ていた。二人は敵兵に化けるよりほかはなかった。が、言葉のわからぬ悲しさ、二人は地雷探知作業兵にされてしまった。なにも知らないコッポラとフランコは、のこのこと地雷原に入っていった。二人の行動が勇敢に見えたのは当然だった。司令官のフォン・ガズメンは従卒に使いたいと申し入れた。が、言葉がわからぬため、たちまち失敗。二人は行きあたりばったり一つの部屋に逃げ込んだ。すると、中にドイツ女に化けたナイヤがいた。そして三人は飛行機で無事脱出し、途中、問題の巨砲を発見、さっそく位置を報告した。やがて大戦はイタリア側の勝利に終った。--と弁護士はここまでしゃべり、コッポラとフランコの功績をたたえ、名誉ある銃殺刑に処していただきたいと叫んだ。呆然とするコッポラとフランコ。が、弁護士はなんと精神病院から抜け出て来た狂人だったのだ。もちろん、コッポラとフランコが晴れて無罪となったのは当然であった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Il Giorno Piu Corto
製作年 1962年
製作国 イタリア
配給 日本ヘラルド映画
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 史上最大の喜劇 地上最笑の作戦