007は殺しの番号|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007は殺しの番号

1963年6月1日公開,110分
  • 上映館を探す

イギリスの小説家イアン・フレミングの“ジェームズ・ボンド・シリーズ”『ドクター・ノー』の原作をリチャード・メイバウム、ジョアンナ・ハーウッド、バーケリー・マーサーの三人が共同脚色し、「ブラック・タイツ」のテレンス・ヤングが監督したミステリー・ドラマ。撮影は「ならず者一家」テッド・ムーア、音楽はモンティ・ノーマン。出演者は「史上最大の作戦」のショーン・コネリー、TVのジャック・ロード、ウルスラ・アンドレス、ジョゼフ・ワイズマンなど。製作は「土曜の夜と日曜の朝」のハリー・サルツマン、アルバート・ブロッコリの二人。後に「007 ドクター・ノオ」に改題。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある昼下り、英国秘密情報部支局長が何者かに射殺された。彼の任務は、ケープカナベラル基地から発射されるロケットの弾道を狂わす電波発信地を突きとめることだった。ロンドン本部は事件を重視、直ちに背後関係追及のため007ことジェームズ・ボンド機密員(ショーン・コネリー)を現地へ派遣した。任務は支局長の足取りを洗うことだ。支局長は最近魚に興味を抱き連日島っ子のクオレルと沖へ出ていたそうだ。が、支局長の魚釣りは見せかけで、実はボーキサイド開発中の中国人ノー博士(ジョゼフ・ワイズマン)所有のラブ島を探索していた事実が判明、事態は悪化した。二十四時間後に月ロケット発射の急報にクオレルを道案内に立てたボンドは、闇を縫ってラブ島上陸を敢行した。その後、二人はエキゾチックなアメリカ娘ハニー(ウルスラ・アンドレス)に出会った。万事休す、火を噴くマシン・ガンに舟はやられた。クオレルは殺され、ボンドとハニーは捕えられた。研究所に連れ込まれた二人は、ノー博士から事件の全貌を知らされるが死の宣告を受けたボンドには手も足も出なかった。絶体絶命のピンチ。が、ボンドは換気口から電波管制室にもぐり込み、やにわに管制区へ登り電子炉操作桿を回した。ボンドの一撃にノー博士はプール型原子炉の泡と消え去っていった。危険をつげる警報に逃げまどう手下たちを尻目に、ハニーの手を取ってボートに乗り込んだボンドは沖へ向った。危機一発、島は一瞬の大音響と共に一面の火の海と化した。

作品データ

原題
Dr.No
製作年
1962年
製作国
イギリス
配給
UA
上映時間
110分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • フジ三太郎

    3
    2020/1/15

    冒頭の3人の暗殺者は原作通りみたい。
    竜のエピソードはどうなのやら。
    第一作だけど、シリーズ化の意気込みはひしひし。
    劇伴はずっと、モンティ・ノーマンの「テンテケテッテ・テテテ」で、気分は乗ってくる。
    ボンドガール第一弾の、ウルスラ・アンドレス登場まで大分間があるが、それまで敵の女スパイもいて飽きない。いい出来なんだが、テレ東で、これの後にすぐ「ロシアより愛をこめて」を見ると、印象が全くなくなる。どんな筋だっけ?な映画。
    秘密兵器はまだなし。拳銃をベレッタからワルサーに替えるだけ。
    敵のアジトの中で、狭い空間を抜ける場面が、「ダイ・ハード」でもブルース・ウィリスがオマージュ。
    お楽しみは次作「ロシアより愛をこめて」からだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • S

    3
    2015/11/30


    第1作目を感じさせない
    ハイスピードの場面展開

    シリーズを見てる人には
    最近の映画と違う感じがあると思う

    ストーリーはなかなか早くて
    ちゃんと追いかけてないとわからなくなる
    アクションとしては面白い1本

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    4
    2013/5/15

    007シリーズの第一作。
    今や有名となったオープニング・シーンは、銃を向けた標的(007)に撃たれて銃口がユラユラ落ちていくタイトル。このタイトルは、モーリス・ビンダー。
    トランプ・クラブでの「ジェームズ・ボンドの第一声」は、今となっては記念すべきシーンとなった。ボンドの愛用の銃はベレックだったが、ロンドンからジャマイカに行くときには悪さ―を持たされる。
    ジャマイカの空港到着したボンドを迎える敵。味方と敵が入り混ざりながら物語は展開していく。毒蜘蛛の場面が結構ハラハラしたが、クラブ・キーと呼ばれる島へ行って、ボンドガール(ウルスラ・アンドレス)とようやく出会う。その後は、ロケット妨害電波を出す装置をボンドがなんとかする展開かと思いきや、海底基地や放射能の話などが出てきてノー博士との対決。結局、最後はボンドガールと船の上、というエンターテインメント映画。
    「優れた犯罪者は、優れた頭脳を持つ」というセリフは印象的だった。
    ショーン・コネリー・ボンドの記念すべき第一作目、なかなか面白い。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告