アラビアのロレンス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アラビアのロレンス

1963年2月14日公開,207分
  • 上映館を探す

T・E・ロレンス自伝『知恵の七柱』からロバート・ボルトが脚色し、「戦場にかける橋」のデイヴィッド・リーンが監督した七〇ミリスペクタクル。撮影はフレデリック・A・ヤング、音楽はモーリス・ジャール。出演者は舞台俳優のピーター・オトゥール、「戦艦デファイアント号の反乱」のアレック・ギネス、「バラバ」のアンソニー・クイン・「紳士同盟」のジャック・ホーキンス、「カサブランカ」のクロード・レインズ、ホセ・フェラー、アーサー・ケネディ、アンソニー・クェイルなど。製作はサム・スピーゲル。テクニカラー・スーパーパナピジョン七〇ミリ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一九一六年、英国陸軍カイロ司令部に勤務中のロレンス少尉(ピーター・オトゥール)は、三ヵ月の欠勤許可をもらった。理由は、現在トルコに対して反乱を起しつつあるアラブ民族の情勢を確かめることにあった。早速ロレンスは灼熱の砂漠の中を反乱軍の指揮者フェイサル王子(アレック・ギネス)の陣営に旅立ったが、途中、同じ民族が血を流しあうのを見て愛想をつかし、ハリス族首長アリの案内申し出を断った。陣営近くで英軍の連絡将校ブライトン大佐(アンソニー・クェイル)に逢ったが、陣営につくや突如トルコ空軍の爆撃を受けた。そこでロレンスは近代武力の前に暴露されたアラブ反乱軍の無力さをまざまざと見せつけられた。ブライトン大佐は彼らに英軍の武器による指導と訓練を提案したが、ロレンスはゲリラ戦を主張した。つまり、トルコ軍の重要地点アカバの反対側にいるアウダ(アンソニー・クイン)を首長とするホウエイタット族と手を結び、背後から敵連絡網などを叩いて撹乱させるという作戦だった。日が経つにつれて、ロレンスの部隊は全く疲労し、ラクダも人も次々と砂の上に倒れて行った。ある夜、部隊全員がアウダの陣営に招待された。ロレンスとアリはアラブ民族の団結を説いたが、アウダは一笑に付すだけだった。が、アカバに秘宝があるという話を聞くと、彼はロレンスに助力を約した。補強された部隊が進撃中、ガシムがアウダの部下と争い相手を殺してしまった。“眼には眼を”という砂漠の掟により、ガシムを殺さねばならなかった。死を賭してまで救ったガシムだったが、ロレンスは引金を引いた。アカバでの戦いは苛烈をきわめた。燃えるものは全て焼き尽され、ロレンスが意識を回復したときにはトルコ兵の姿はなく、アウダが役にも立たない秘宝の箱を抱えているだけだった。ロレンスはアカバ攻略を告げるためカイロに向った。カイロに着くと司令官が変りアレンビー将軍(ジャック・ホーキンス)になっていた。ロレンスは、新たな任務を与えられた。ゲリラ戦の指導者である。何回目かの鉄道爆破のとき、部下のファラジが重傷を負った。ロレンスは秘密のもれるのを恐れ、その場で射殺した。エルサレムに行ったロレンスは、すでに英仏両国間にアラブとトルコの土地を二等分するというサイクス=ピコット条約が結ばれているのを知り愕然とした。が、ロレンスのゲリラ部隊は再編成され、アリもアウダも参加していた。部隊がロレンス支持者の集落へ来たとき、すでに集落はトルコ軍の襲撃を受け燃え上り眼前に悲惨な光景が待っていた。怒ったロレンスはトルコ兵を最後の一人までも追って殺害した。種族間の争いが起り、アウダは部下を連れ砂漠へ帰り、アリは政治の勉強のためダマスカスに残ると言った。その時ロレンスはトルコの病院に忘れられている二百人の重傷者のことに心がおよんだ。彼はアラビア人の服をまとうと病院へ向った。だが、服装で誤解した英国の軍医に、彼こそこの惨状を引き起したアラビア人の張本人だと平手打ちを食わされた。アレンビー将軍の司令部でも、やがてシリアの王となるフェイサルにとっても、ロレンスは無用の者となりつつあった。彼は態のいい追放を受けた。その時はじめて彼の心に孤独感がしみわたった。大佐への進級と、英国への帰還船に個室が用意されたことだけが、ロレンスの砂漠での功績に対する感謝の印だった。軍用乗用車でダマスカスを発ったロレンスは、窓外に顔なじみを探したが、誰一人として彼に気づく者はいなかった。ロレンスを覚えているのは荒漠たる砂漠の広がりだけかも知れなかった。

作品データ

原題
Lawrence of Arabia
製作年
1962年
製作国
イギリス
配給
コロムビア
上映時間
207分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.4
  • アスピリクエタ

    5
    2014/7/25

    アラビアのロレンス。教科書に出てくる著名な人物だ。
    アラブの独立を支えた英国の軍人である。
    物語はバイク事故でロレンスが死ぬところから始まる。葬式には多くの軍人が参列したが、ロレンスについては詳しくない。彼は一体何者なのか?
    4時間近くに及ぶ壮大な物語。映画史に残る傑作である。60年代とは思えない映像美。まるで砂漠にいるかのようなだ。
    4時間という長さだか、是非飽きずに最後まで見て欲しい。なぜなら大傑作だからだ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 夙の一郎

    4
    2013/12/17

    接しました。残念です。
    比較すべきものも無い砂漠の風景。何処までも澄みきった空気。この作品を凌駕できる映像がほかにあるでしょうか。でも話が複雑でその後、ロレンスの時代を学び、当時のイギリスがどれほど愚劣な国家であったか、どれ程アラブの人々を踏みにじったのかを知りました。そしてそのお先棒を担がされたロレンスがどれ程傷付いたことか。あの自殺とも思える最後が痛々しかったですね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • vaiolin

    5
    2013/10/12

    人間性、戦争実態、軍部の動き、アラビアの砂漠風景などどれも壮大。
    イギリスは斜陽などと陰口が語られるが、映画や国土、文化などを見る限り、歴然とした一等国。この映画でも日本では比較できる作品が数少ない。

    最大の見所は、ロレンスの正確に多くの民が従うところだ。軍人ではなく、官僚でもない。上官も惚れ込む正確は、人としてのあるべき姿を映している。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告