殴り込み愚連隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

殴り込み愚連隊

1962年5月17日公開
  • 上映館を探す

「裸の鏡」のコンビ、リー・ヴァンスとジョン・レモントが製作・原案を担当、レモントが監督した犯罪映画。撮影は「死霊の町」のデスモンド・ディキンソン、音楽はノリー・パレイマー。出演は「エル・シド」のハーバート・ロム、「熱砂の海」のジョン・グレグンン、「虎の行動」のショーン・コネリー、など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大都会ロンドンに一つの黒い影がおおっていた。ギャング団が統合して恐喝し始めたからだ。名士で通っているウォルド・ザーニコフ(ハーバート・ロム)はファウルチャー(アルフレッド・マークス)を統合支配人にした。彼は青年パディ・ダミオン(ショーン・コネリー)を使い恐喝し金をためて行った。パディにはサディという恋人がいたが、美しい歌手アーニャ(イヴォンヌ・ロメイン)に傾く。アーニャはザーニコフの情婦だ。ボスの一人アルフ・ピーターズは暴力恐喝を始め、ザーニコフに消された。パディは復讐を決意するが、セヤーズ警部に逮捕される。が、脱走してアーニャが彼を密告したことを知る。しかも彼女がザーニコフの情婦と知り、パディはザーニコフ事務所へ入る。そしてファウルチャーと殴り合う。はずみでファウルチャーは飾りの槍で死ぬ。そこへセヤーズ警部らが来る。ザーニコフは全責任を死んだファウルチャーに着せようとする。が、パディは言った。「彼がボスだ、法廷で一切を証言しよう……」。

作品データ

原題
The Frightend City
製作年
1961年
製作国
イギリス
配給
松竹セレクト

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?