TOP > 上映中の映画作品を探す > 女の部屋

「荒野の抱擁」「にがい米」などのイタリアの監督ジュゼッペ・デ・サンティスが演出した愛欲ドラマ。脚本は監督のサンティスをはじめ、フランコ・ジラルディトニーノ・グエッラエリオ・ペトリの四人による共同執筆。撮影はロベルト・ジェラルディ、音楽は「鞄を持った女」のマリオ・ナシンベーネ。出演者はエレオノーラ・ロッシ・ドラゴラフ・ヴァローネ、新人女優のゴルダナ・ミレティックなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アルベルト(ラフ・ヴァローネ)は一流の建築技師で、家には美しい妻ジュリア(エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ)と二人の子供があった。いわば幸福な家庭だといってよい。しかし、その彼にも一つの秘密があった。若い娘ラウラ(ゴルダナ・ミレティック)との情事である。ある土曜日、彼はラウラとの逢いびきに出かけた。行く先は連れこみ用の独身アパートである。が、その日、彼は妻に尾行されていた。午後、ラウラの電話が彼女のところへかかったことから嫉妬にもえた彼女は夫を会社から尾行していたのである。約束通り、そのアパートにやって来たラウラは顔を知っているアルベルトの妻の姿を見て驚き、あわてて、アルベルトの待つ部屋へ入って行った。二人の間にさした暗い影を感じながらも、ラウラは一週間ぶりにアルベルトに抱かれた。しかし、ラウラは自分たちの愛の限界を知った。長年つれそった夫と妻の愛情にはとても立ち入れないとさとったのである。彼女はアルベルトに自分の決心を告げた。彼女は若い。彼女にふさわしい恋人もできないことはないのだ。アルベルトは絶望した。だが、ひたすらに自分を求める妻ジュリアの姿に彼はやっと生きる力をとりもどすのだった。

作品データ

原題 Le Garconniere
製作年 1961年
製作国 イタリア
配給 映配
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 女の部屋