映画-Movie Walker > 作品を探す > 太陽の誘惑(1960)

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

伝統の重圧に無気力な生活を送っている、ここ中部イタリアの古都の上流社会。伯爵令嬢ケレの家に集まる若い“二代目”たちのグループも、バカげた情事に明けくれている。実業家の息子で自称詩人アンセルモ(ジェラール・ブラン)その妹エルサ、侯爵の息子で好色なアルベルト、アンセルモの恋人で莫大な遺産をかかえて酒に溺れるマリーナ、エルサの婚約者で工場主の息子シシーノたちだ。ある夜、マリーナが突然発作をおこしたのが縁になって、医師マリオと彼の恋人で上流社会に憧れている娘フェードラ(クラウディア・カルディナーレ)が、このグループに入った。フェードラに眼をつけたアルベルトはたちまち彼女を獲得し、マリオもまたいつかケレの寝室に姿を現わすようになる。内心“民衆の清潔な生活”に憧れているアンセルモは、金と事業に夢中になり出したマリーナに絶望する。一方、エルサは金貸しのリドルフィに接近する。やがて、フェードラはアルベルトの子をみごもったが、彼は彼女に飽きてきた。ある夜、伯爵令嬢ケレは、メキシコへ旅立つため別れのパーティを開いた。その席上、マリオとフェードラが愛し合っているらしいのに気づいたアルベルトは、酔いにまかせてマリオにつかみかかり、はげしい殴り合いが始まる。ところでケレの家には家具ひとつなく、酒屋や服装店からの請求書の山だ。ケレは破産していたのだ。そんなケレの家をとび出したフェードラとマリオは、夜の白むまで街を歩いた。二人は、幸いにも未来のある階級の人間だった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 I Delfini
製作年 1960年
製作国 イタリア
配給 イタリフィルム
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノ作品でレオナルド・ディカプリオ×ブラッド・ピット共演

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 太陽の誘惑(1960)