処女の泉|MOVIE WALKER PRESS
MENU

処女の泉

1961年3月18日公開,89分
  • 上映館を探す

中世の伝説バラードを映画化した「女はそれを待っている」のイングマール・ベルイマン監督作品。脚本を女流作家ウラ・イザクソンが執筆し、撮影を担当したのはスヴェン・ニクヴィスト。音楽はエリク・ノルドグレンである。出演するのは新人ビルギッタ・ペテルソン、マックス・フォン・シドー、グンネル・リンドブロム、ビルギッタ・ヴァルベルイなど。なおこの作品は一九六十年度カンヌ映画祭特別賞、アメリカのタイムス誌とサタデー・レビュー誌ベスト・テン入選などの栄誉を得ている。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

十六世紀、スエーデンの片田舎。ヴェンゲ集落の豪農の一人娘カリン(ビルギッタ・ペテルソン)は、養女インゲリ(グンネル・リンドブロム)を連れて教会にローソクを捧げに行くことになった。下女代りのインゲリは父なし子を宿してい、美しい世間知らずのカリンを嫉妬していた。二人は信心深い母メレータ(ビルギッタ・ヴァルベルイ)と父テーレ(マックス・フォン・シドー)に見送られ馬に乗って出発した。教会までの道は長かった。小川の小屋にさしかかり、インゲリはここで待つといいだした。一人先を急ぐカリンは、途中でオシとヤセッポと少年の三人の羊飼いに会った。彼らはカリンに食事する場所に案内するといった。一方、インゲリは小屋で気味の悪い老人を逃がれてカリンの後を追った。オシのカリンをみつめる目がしだいに変った。身の危険を感じた彼女が馬に乗ろうとすると、ヤセッポが邪魔をした。大声をあげようとした時、オシとヤセッポが彼女を襲いオシが犯した。--よろめきながら立ちあがるカリンを、オシが後から殴り殺した。これを目撃していたインゲリは、恐ろしさのあまり声も出なかった。--その日の夕暮、例の三人がテーレの家に夕飯を無心にやってきた。テーレは三人に食事を与えた。少年はカリンと同じお祈りに驚いた。テーレ家の人々はカリンの帰宅が遅いので心配していた。食事が済んだ。ヤセッポがカリンから強奪した衣服をメレータに買ってくれと頼んだ。すべてを察した彼女は夫に告げた。怒りにふるえるテーレは三人を殺す決意をした。不意をつかれた男たちは死んだ。あどけない少年までも。復讐したテーレは罪の深さにおののいた。片隅に隠れていたインゲリを案内に、家中で現場に急いだ。無惨に変りはてたカリンをみて、人々は呆ぜんとした。テーレは復讐の罪の償いに、ここに教会を建てると誓った。テーレがカリンを抱きあげると、不思議なことに泉がこんこんと湧き出した。--後世の多くの人々がこの地に建てられた教会に訪れたという。

作品データ

原題
Jungfrukallan
製作年
1960年
製作国
スウェーデン
配給
昭映フィルム
上映時間
89分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • たっかん

    5
    2013/7/31

    1981年6月8日、文芸坐ル・ピリエで鑑賞。(2本立て)
    本日(2013年7月30日)、久々に再見。

    インゲリ(クンネル・リンドブロム)という身重の召使の場面から始まるこの映画、とても悲しい物語である。
    イングマル・ベルイマン監督が、黒澤明の『羅生門』にインスパイアされて作った映画であるが、『羅生門』のように「いったい真実は?」という映画にはなっておらず、真実ははっきりと描かれている。

    テーレ(マックス・フォン・シドー)の一人娘カーリン(ビルギッタ・ペッテション)が、教会に供えるためのロウソクを持って行くのだが、その途中で3人組の悪人に犯された上、棒で殴られて殺されてしまう。
    悪人たちは、カーリンの高価な衣服をはぎとって持ち去る。それを売ろうとしたのが、カーリンの家であった。
    カーリンの両親は彼らが一人娘を殺した犯人である確認をした上で、父親が3人を殺して復讐を遂げる。

    それでも心神深い父親は「罪のありかは、神だけがご存知だ!」と言いつつ、娘の死体を森で見つけて「神よ、あなたは見ていたはずなのに、なぜ黙っておられた!」と言いながら苦悩する。
    そして、「私は、娘のなきがらの上に教会を建てる」と宣言して、娘の死体を抱きかかえた瞬間、娘の居た場所から「泉が湧き出てくる」。→このシーン、凄すぎる!!!

    清らかな娘が強姦殺人されるという極悪犯罪であり、悲しい物語であるが、ラストの「泉湧き出るシーン」に感動させられる。
    ベルイマンの大傑作である。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • キネマ白道

    5
    2013/5/27

    無垢な少女カリンを襲ったいわれなき劫罰と死はいったいなんだったのか?
    娘を殺した者どもを殺して

    復讐を遂げた父は、娘の死骸のあったところから清冽な泉がわきだしたのを神の許しと信じたのか?

    父はその泉を処女の泉と名付け

    私材を投じて教会をたてたのだった。


    余談ですが

    ウエスクレイブンの「鮮血の美学」は

    これにインスパイアーされたとか?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告