映画-Movie Walker > 作品を探す > 若者のすべて

若者のすべての画像

イタリアの南部移民問題をテーマに、ある家族の崩壊をドラマチックに描いたヴィスコンティの傑作。娼婦ナディアをめぐる兄弟の愛憎劇が圧巻。若かりし日のアラン・ドロンの名演技が見もの。(リバイバル上映)

4/5
[?]評価方法について
総評価数 16
レビュー 2
投票 14
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 25% (2)
星4つ 100% (8)
星3つ 62% (5)
星2つ 12% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一九五五年のある晩、ロッコ(アラン・ドロン)とその兄弟は、母親ロザリアとともにミラノ駅についた。父親を失った一家は故郷ルカニアから、ここに働いている長男ヴィンチェンツォを尋ねてきたのだ。彼には美しいジネッタ(クラウディア・カルディナーレ)という婚約者がいた。一家は翌日から家と職探しに奔走した。ヴィンチェンツォはプロ・ボクサーを志し、次男シモーネ(レナート・サルヴァトーリ)と三男ロッコもクラブに出入りするようになった。シモーネは貧困と不遇の青春のうっぷんをグローブに賭けた。これにボクサーくずれの男モリーニが目をつけ、たちまち悪の世界にひきずりこんだ。その頃、彼はナディア(アニー・ジラルド)という女に溺れていた。素質のあるロッコは気立てが優しく、ボクサーを嫌ってクリーニング店で働いた。が、シモーネが店の主人のブローチを盗みそこをやめさせられた。そこへ徴兵の通知がきた。一年二カ月の時が流れた--兵役を終え帰郷する途上、ロッコは刑務所を出所したナディアに会った。彼女はロッコを好きになった。シモーネの堕落ぶりに愛想をつかしたマネージャーのチェッキは、ロッコに目をつけたが彼はその手に乗らなかった。シモーネはナディアの更生を聞き、ロッコを嫉妬した。ある晩、橋の上でロッコとナディアを待伏せしたシモーネ一味が二人を襲った。仲間にロッコを押えさせ、シモーネは彼女を暴力で犯した。二人の兄弟は血まみれになって争った。数日後、ナディアはロッコに求婚した。興奮のさめたロッコは、シモーネを救える者は彼女だけだとさとり、身をひいた。絶望したナディアはまた悪の世界に戻り、シモーネも借金のために告発された。ロッコは兄を助けるため、気のすすまぬボクサーの契約をした。ミラノに着いて五年、シモーネ以外はそれぞれ幸福に暮らしていた。ロッコも着々と腕を上げた。彼の夢は生まれ故郷のルカニアに帰ることだった。一家がロッコの勝利を祝っている席上に、落ちぶれたシモーネが帰ってきた。彼はナディアを殺してきたのだ。ロッコだけは彼を暖く迎えた。二人の兄弟は男泣きに泣き、いつまでも抱きあっていた。

見たい映画に
登録した人
15

作品データ

原題 ROCCO E I SUOI FRATELLI
製作年 1960年
製作国 イタリア
配給 イタリフィルム
上映時間 179
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

ロッコよ あなたの生き方は

投稿者:summer22

(投稿日:2013/08/27)

 観た者が胸を掻き毟られる映画だと言いたい。シモーネの堕落は…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 若者のすべて

ムービーウォーカー 上へ戻る