顔のない眼|MOVIE WALKER PRESS
MENU

顔のない眼

1960年10月20日公開,91分
  • 上映館を探す

今までの怪奇映画とは違い、新聞の三面記事的な事件の設定から、恐怖の本質をつこうとするもの。「白い少女」のジョルジュ・フランジュが、ジャン・ルドンの同名小説にもとづく、ボワロー・ナルスジャック、ジャン・ルドン、クロード・ソーテの共同脚本を監督した。台詞はピエール・ガスカル。撮影はオイゲン・シュフタン、音楽はモーリス・ジャール。出演は「掟(1959)」のピエール・ブラッスール、「旅路はるか」のアリダ・ヴァリ、「いとこ同志」のジュリエット・メニエルのほか、エディット・スコブら。製作指揮ピエール・ローラン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

パリに住む皮膚移植手術の権威ジェネシェ博士(ピエール・ブラッスール)には、自動車事故で顔をめちゃめちゃにされた娘クリスチアヌがあった。世間には娘は死んだと偽り、彼は助手のルイーズ(アリダ・ヴァリ)を使って若い娘を誘拐し、その顔の皮膚を娘に移植しようと努力していた。ルイーズも事故で傷ついた顔を博士に治してもらった女なので、彼の命令に従ったのである。皮膚移植の手術は失敗した。そして二人目にはスイス娘のエドナ(ジュリエット・メニエル)が誘拐されてきた。二度目の手術は成功したかにみえた。しかし日がたつと娘の顔の皮膚は腐ってくずれおちた。エドナは逃れようとして階上の窓から身を投げて死んだ。警察はひんぴんと若い娘が失踪するのを不思議に思い、万引の前科をもつ娘ポーレットを使って、おとり捜査をはじめた。クリスチアヌの許婚者であるジャックは、ある日自分の心を押さえられなくなったクリスチアヌが思わずかけた電話で、何か秘密が隠されていることに気づいていた。病院での博士の助手であるジャックは、警察に協力を申しでた。おとりのポーレットは、わざと博士の病院に入院した。そして案の定、退院と同時に彼女は、博士に誘拐された。彼女は博士とルイーズの手で手術室に運ばれた。それを見ていた娘のクリスチアヌは、メスでポーレットを縛ったいましめを解いた。そしてルイーズを殺し地下室に実験用に押しこめられていた猛犬の檻を開いた。犬たちは庭におどり出て博士を食い殺した。博士の顔はめちゃめちゃに食い裂かれた。白いゴムの仮面をつけたポーレットは、ひとり鳩を抱いて森の中をさ迷った。

作品データ

原題
Les Yeux Sans Visage
製作年
1959年
製作国
フランス イタリア
配給
東和
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • Movie Walkerユーザー

    3
    2018/8/30

    交通事故で顔面に大ケガを負った愛娘のために、若い女性をさらって来ては皮膚を切り取り移植手術を行う医者を描く。外科手術とホラーを融合させたジャンルの始祖的作品。今観るからこそ平凡に見えてしまうがよくまとまってるし教訓にもなるし、これが下地になり良い作品が多数生まれてきたんだろうなと感じられた。父親も最初は確かに愛情だったのかもしれないけど、途中からは完全に自分を客観視出来なくなってる。何でも行き過ぎは駄目だね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • キネマ白道

    5
    2013/5/27

    さえわたった白黒画面に展開する、マッドドクターの凶行、、、

    そして鳩とたわむれる仮面の少女の歩く地下道、、
    夜の地下道に放たれたドーベルマンの群れ、

    すべてが忘れられない映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ゆーみんぱぱ

    4
    2008/2/2

    日仏学院主催【交錯する視線】
    フランス映画に影響を受けた、日本人監督の作品を平行して上映する
    黒澤清監督がゲストでした。

    観る前にタイトルの意味を考える
    『眼のない顔』なら解るのだが…
    実はマスクを被り、眼だけがギョロギョロと出ている女性の事

    医者である父の乱暴な運転で、顔にひどい怪我を負った娘
    父は娘の為に、似た女性を探しては誘拐し、その皮を剥ぎ取り娘に移植する
    動物実験では成功するも、人ではうまくいかず犯罪を繰り返す…

    「びっくりする」のと「怖い」のは全く違う。「びっくり」は瞬間、「怖さ」は持続する

    最近のホラーは、大きな音、意表をつく音で「びっくり」させる事はできるが、真綿でじわじわと首を絞めるような、神経に徐々に訴えていく作品が少ない
    観る側の怖さに対する免疫がエスカレートし過ぎて、その上を行こうとする意識が強すぎるのでは?腹の底から湧き上がってくる「恐怖心」を味わいたい

    フランスには「グランギニョール」というグロテスクなB級犯罪物を上映する劇場があるそうだ。「大きな人形」という意味だそうだが、まさに『顔のない眼』はグランギニョール的作品

    音楽のモーリスジャールの三拍子は、アリダヴァリの誘拐シーンでは機械的な三拍子。クリスチヌの登場シーンでは情緒的な三拍子。

    皮を剥ぎ取った娘を墓に落とすシーンは、まるで昔のモンスター映画を思わせ古典的、そこでふと見上げると飛行機が横切ってゆく、いかにも現代的。

    「機械的」と「情緒的」、「古典的」と「現代的」を対比させる事で、不条理を浮かび上がらせていると思う

    モノクロ映像は、今となっては古さと同時に新しさも感じ、恐怖心を増長させる効果がある

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告