TOP > 上映中の映画作品を探す > 逆襲の河

帝政ロシア時代、大帝の密使の活躍を描いたアクション・ドラマ。「コザック」のダミアーノ・ダミアーニの脚本を、ダミアニとA・ジェノイーノが脚色し、「コザック」の製作者で、戦前の「黒い瞳(1935)」などのベテラン監督ヴィクトル・トゥールジャンスキーが演出した。撮影はマリオ・モントゥオーリ、音楽はノルベール・グランベール。出演は「勇者カイヤム」のジョン・デレク、「狂った本能」のドーン・アダムス、「狂った夜」のエルザ・マルティネッリのほか、シャルル・ヴァネルら。製作ジャン・パオロ・ビガッツィ。イーストマンカラー・トータルスコープ。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アレクサンドル二世治下の帝政ロシヤ。--騎兵第七連隊配属将校アレクシス・オルロフ大尉(ジョン・デレク)は、タチアナ・ニコライエブナ(ドーン・アダムス)と結婚した。式の日、彼女は突然嬌態を示し、別室でアレクシスに重大な告白をした。彼女はこともあろうに上官ゴレフ将軍(ヴォルフガンク・プライス)の愛妾で彼の子供を宿していた。興奮したアレクシスは、来合わせたゴレフ将軍を殴打した。これが原因で軍法会議にかけられ、歩兵連隊配属の二等兵に降等された。アレクシスの悲憤と絶望は大きかった。タチアナは夫をなんとか救おうとゴレフ将軍に嘆願したが、逆に辺地に転属させられた。タチアナははるばる夫に面会に行った。彼女はアレクシスに逃亡をすすめた。追手を逃がれて二人は逃げた。が、タチアナは負傷が原因で死んだ。アレクシスは舟曳きの仲間に入った。居酒屋の娘マーシャ(エルザ・マルティネッリ)はなにかと彼の面倒をみた。ゴレフ将軍の腹心リセンコ中尉の捜索隊がやって来た。アレクシスの身上を聞いた仲間は、彼に同情し、かばってくれた。捜索はきびしくなり、舟曳き同士の喧嘩の際にアレクシスは発見された。が、仲間はスキをみて彼を救出した。その頃、ゴレフ将軍は陰謀が露顕して失脚し、リセンコのもとへ急行した。舟曳きと捜索隊の激闘の最中に、アレクシスはゴレフの姿をみつけ、積るうらみを晴らした。その時、ゴレフ失脚を告げる騎兵隊が到着した。アレクシスは再び騎兵隊に復職した。彼とマーシャは未来の幸福を誓いあった。

作品データ

原題 Les Bateliers de La Volga
製作年 1959年
製作国 西ドイツ
配給 映配
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 逆襲の河