スリ(1960)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スリ(1960)

1960年8月17日公開
  • 上映館を探す

「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」のロベール・ブレッソン監督作。フランスの第一回“新しい批評賞”で最優秀フランス映画賞を得た。スリの芸術的な要素が、主人公の青年の内面的な動きにおいてとらえられる。脚本・台詞もブレッソン自身が書き、撮影は「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」のレオンス・H・ビュレルの担当。音楽はJ・B・リュリ。出演者は例によって全部しろうとでマルタン・ラサール、マリカ・グリーン、ピエール・レーマリ、ペルグリ、ピエール・エテら。製作アニー・ドルフマン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロンシャン競馬場で、ミシェル(マルタン・ラサール)は前の女のバッグから金をスリ取った。彼は貧乏な学生だ。母から離れ、安アパートで暮している。生れつき手先が器用なのだ。--ミシェルはたちまち捕まった。が、証拠がなく、すぐ釈放された。母にその金を届けた時、隣室の娘ジャンヌ(マリカ・グリーン)にあった。小才のきく真面目な友人ジャック(ピエール・レーマリ)に、ミシェルは仕事の世話を頼んだ。仕事へ行く地下鉄で、スリの犯行を目撃し、ひきつけられた。練習ののち、最初の犯行は成功した。毎日つづけた。時には失敗したが。ジャックと喫茶店にいる時、じん問された警部にあった。彼はミシェルになぜか目をつけているらしかった。ミシェルは平常から抱く“盗みの哲学”を話した。--本もののスリが彼をアパートの出口で待っていた。見込まれた彼は種種の手口を教えられた。銀行の前で、最初の共同の仕事をした。駅では、三人で組んでかせいだ。ジャンヌの置手紙がきていた。母が危トクらしい。彼女はミシェルが久しぶりにあってすぐ死んだ。教会で涙がでた。--ジャンヌは不幸な娘だった。妻に去られた父と妹たちの面倒をみていた。彼女とジャックと三人で遊園地で遊んだとき、ミシェルは他人の時計が気になった。二人のいぬ間に、時計をスリ取り、追われ、傷ついて帰った。ジャックはなにかを察したようだ。立去る彼に、ジャンヌを愛しているんだろうとミシェルは浴びせた。喫茶店でジャックといたとき、また警部にあった。愛読書“スリ王”を持ってたずねてこいといった。ミシェルは待たされた。警部はスリの話をちょっとしただけだ。その間に、家宅捜査をしたらしかった。盗品は発見されていなかった。--二人のスリ仲間が捕まった。それに、ジャンヌが警察に呼ばれた。ミシェルは彼女をたずねた。彼は独居するとき母の金を盗んだのだ。母は知らずに訴え、すぐ取り下げた。それと競馬場でのスリ以来、警察は彼に目をつけていたのだ。急に出発の気分が彼を襲った。彼を愛しているジャンヌをふりきり、ミシェルはイタリアへ発った。それから英国へ渡り、二年間、スリの生活をした。彼はまた帰ってき、例のアパートの室へ立ち寄った。ジャンヌが子供とそこで暮らしていた。ジャックに捨てられたのだ。彼は更生を誓い、しばらくは真面目に働きジャンヌを助けた。が、競馬場で、警察の罠にかかり、補ってしまう。刑務所にジャンヌが面会にきた。当りちらした。が、三週間後、子供の病気がなおったあときたジャンヌと、彼は鉄格子ごしに抱きあった。《君にあうために、どんなに廻り道をしてきたことか》。

作品データ

原題
Pickpocket
製作年
1960年
製作国
フランス
配給
映配

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • たっかん

    5
    2012/3/28

    ロベール・ブレッソン監督の1960年作品。
    同年のキネマ旬報ベストテン第9位。

    ロベール・ブレッソン監督作品なので、例によって出演者は素人ばかりでした。その中で『本当に美しい』と思ったのはマリカ・グリーン(ジャンヌ役)です。整った顔立ちと清楚なイメージに心奪われました。
    ただ、マリカ・グリーンはその後ほとんど映画出演せず、残念です。

    さて、物語の方は、タイトルからすぐに判るように「スリ」のドラマ。
    めくるめくスリのテクニックに感心してしまいましたが、「感心して良かったのかなぁ」と思いました(笑)
    しかし、この手先が起用な技の数々は「ロベール・ブレッソン監督の芸術表現」なのでしょうね。

    ネタバレになるのでラストは書きませんが、忘れられないラストシーンでした。感動!!

    傑作です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • やまひで

    4
    2008/3/14

     遂に獲物を決めた。と、その獲物と視線が合う。一瞬の凝固した時間。そして、一応獲物を通り過させておいて、その後ろからこれを追いかける。背後から近づいていくと、突然、獲物の連れ合いが後ろを振り向く。その相手と顔が合う。心臓の高鳴る心の動揺を抑えながら、表面は何となくを装い、まともに相手の目の中を覗き込む。相手はまた視線を走っている競馬馬の方に戻す。そろそろと手を伸ばして相手のハンドバックの留め金を外す。ゴールに入る競馬馬に集中している相手の隙を狙ってバックの中から遂に金をサッと引き抜いた。これが、主人公ミシェルの初めてのスリ行為であった。
     皺のよった安そうな背広を着、ネクタイは着けているが、きちっとは締めていないミシェルが上手くいったスリ行為に有頂天で競馬場を去ろうとすると、彼は警察に同行を求められる。警察署に連行され、そこの刑事部長に問い質されるが、この時は証拠不十分で釈放される。こうして、元々はインテリであるミシェルは自己観察日記をつけながら如何に自分がこのスリという反社会的行為に引き込まれていくかを安アパルトマンの一室で記録する。
     善悪とは教育によって人間に教え込まれるものである。そして、善悪の判断は少なくとも他者の権利を侵害しないという規範でなされるだろう。それでも尚、悪は悪であると認識したとしても、さて、その悪を何故犯してはいけないのか。本格的にスリ稼業を始めたミシェルは、偶然に例の尋問された刑事部長にバーで会うと、才能に優れた人間は、その才能の発展に必要であれば法を犯すことも許されるという傲慢な論理を展開するのである。ここに至って、この作品のテーマが、キリスト教的か無神論的かは別として、実存主義的なものであることが分かる。ストーリーもミシェルのモノローグで展開されていくので、余計にこの感じが強められる。
     一方、私には、監督ブレソンはスリの様々な手口を映像として捉えようとするとある種の情熱があるのではないかと思われる。相手に接触しようとし、相手に覚られずに相手の財布や金を掠め取る。ここでは、極めて限界的な接点において瞬時に行われる指の妙技が展開されるのである。長くて細い指の踊る美しさ。それが更に、他の二人の共犯者とのティーム・ワークで、殆ど芸術的領域にまで高められて、流麗に所有物は所有者を替えるのである。その瞬時の「芸術」をカメラはしかし、極めて分析的に、しかも被写体に近接的に捉えている。
     映画制作の観点から更にブレソンをE.ロメールを比較すると、ブレソンは、ストーリーをむしろディアローグによって展開しようとするロメールの対極に立つ監督と言える。登場人物の会話は最低限に抑えられて、ストーリーは映像によって語られる。この点、カメラは予知的動きをとる。つまり、カメラはある空間を予め捉えている。すると、そのカメラが捉えている空間に俳優が入り、カメラはその俳優の動きを観察するように追い、やがて俳優はその空間から出て行く。しかし、カメラはその空間に少し立ち止まって、その俳優の存在の余韻を楽しむ。と、カメラはすっと飛んで、次の空間で、同じ俳優がカメラが待っているその空間に入ってくるのを待ち構えている。こうして、場面毎に場面がつなげられていく話法である。
     こうして、語られるストーリーはしかし急転直下する。「僕は三分間神を信じたことがある。」と豪語した、ミシェルも、美しいがやや単純なジャンヌという女性の無私の愛にほだされて、遂に「何のために生きるのか?」という実存主義的な問いにその答えをようやく牢獄の不自由の中で見つけることが出来たのであった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告