映画-Movie Walker > 作品を探す > スリ(1960)

「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」のロベール・ブレッソン監督作。フランスの第一回“新しい批評賞”で最優秀フランス映画賞を得た。スリの芸術的な要素が、主人公の青年の内面的な動きにおいてとらえられる。脚本・台詞もブレッソン自身が書き、撮影は「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」のレオンス・H・ビュレルの担当。音楽はJ・B・リュリ。出演者は例によって全部しろうとでマルタン・ラサールマリカ・グリーンピエール・レーマリペルグリピエール・エテら。製作アニー・ドルフマン

4/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 2
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 50% (1)
星3つ 50% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロンシャン競馬場で、ミシェル(マルタン・ラサール)は前の女のバッグから金をスリ取った。彼は貧乏な学生だ。母から離れ、安アパートで暮している。生れつき手先が器用なのだ。--ミシェルはたちまち捕まった。が、証拠がなく、すぐ釈放された。母にその金を届けた時、隣室の娘ジャンヌ(マリカ・グリーン)にあった。小才のきく真面目な友人ジャック(ピエール・レーマリ)に、ミシェルは仕事の世話を頼んだ。仕事へ行く地下鉄で、スリの犯行を目撃し、ひきつけられた。練習ののち、最初の犯行は成功した。毎日つづけた。時には失敗したが。ジャックと喫茶店にいる時、じん問された警部にあった。彼はミシェルになぜか目をつけているらしかった。ミシェルは平常から抱く“盗みの哲学”を話した。--本もののスリが彼をアパートの出口で待っていた。見込まれた彼は種種の手口を教えられた。銀行の前で、最初の共同の仕事をした。駅では、三人で組んでかせいだ。ジャンヌの置手紙がきていた。母が危トクらしい。彼女はミシェルが久しぶりにあってすぐ死んだ。教会で涙がでた。--ジャンヌは不幸な娘だった。妻に去られた父と妹たちの面倒をみていた。彼女とジャックと三人で遊園地で遊んだとき、ミシェルは他人の時計が気になった。二人のいぬ間に、時計をスリ取り、追われ、傷ついて帰った。ジャックはなにかを察したようだ。立去る彼に、ジャンヌを愛しているんだろうとミシェルは浴びせた。喫茶店でジャックといたとき、また警部にあった。愛読書“スリ王”を持ってたずねてこいといった。ミシェルは待たされた。警部はスリの話をちょっとしただけだ。その間に、家宅捜査をしたらしかった。盗品は発見されていなかった。--二人のスリ仲間が捕まった。それに、ジャンヌが警察に呼ばれた。ミシェルは彼女をたずねた。彼は独居するとき母の金を盗んだのだ。母は知らずに訴え、すぐ取り下げた。それと競馬場でのスリ以来、警察は彼に目をつけていたのだ。急に出発の気分が彼を襲った。彼を愛しているジャンヌをふりきり、ミシェルはイタリアへ発った。それから英国へ渡り、二年間、スリの生活をした。彼はまた帰ってき、例のアパートの室へ立ち寄った。ジャンヌが子供とそこで暮らしていた。ジャックに捨てられたのだ。彼は更生を誓い、しばらくは真面目に働きジャンヌを助けた。が、競馬場で、警察の罠にかかり、補ってしまう。刑務所にジャンヌが面会にきた。当りちらした。が、三週間後、子供の病気がなおったあときたジャンヌと、彼は鉄格子ごしに抱きあった。《君にあうために、どんなに廻り道をしてきたことか》。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 Pickpocket
製作年 1960年
製作国 フランス
配給 映配
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

スリの「めくるめくテクニック」

投稿者:たっかん

(投稿日:2012/03/28)

ロベール・ブレッソン監督の1960年作品。 同年のキネマ旬…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スリ(1960)