TOP > 上映中の映画作品を探す > 大当たり俄探偵

「ブロードウェイの伊達男」「タルマヂ大捕物」等と同じくノエル・メイソン氏が監督したリチャード・タルマッジ氏主演映画で台本はグローヴァー・ジョーンズ氏が執筆したものである。対手役はシャーロット・スティーヴンズ嬢、ジャック・リチャードソン氏等が勤めている。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

富裕な材木業者の息子ディック・ヘンパーは大学時代は鳴らした運動家だったが、長い間父親の病床に侍して看護していたので惰弱になりつつあった。父親の侍医はディックの健康を心配して父親ヘンパーに、ディックの興味をうながすべき冒険をさせる必要があると忠告し、それには女優を雇って窮地に陥る令嬢を装わせてディックに近付づけるがよいと言った。ディックはそれを洩れ聞いたので、父の親友の同業者コスグローヴの娘アリスが来てブロンソンというヘンパー伐材場管理人がコスグローヴ家の財産を横領しようとしていると訴えた時、彼女を父親が雇った女優と申し込んで仕舞った。アリスは信じられないのを口惜しがり更に熱心に説いたのでディックは兎に角騙される心算で行って見る気になりアリスと共に伐材場に赴いた。コスグローヴの所有地は抵当に入っているのをブロンソンがヘンパーの代理人として巧みに私服を肥やす道具にしようとしていたのでディックの出現はブロンソンの不利となるので彼はディックを誘拐監禁させた。ディックは暫く事態容易ならざるを知って俄然活躍を開始した。彼はコスグローヴ老人がボートに縛り付けられ爆薬で殺されようとしているのを間一髪で救い、ブロンソンに誘拐されたアリスを救い出して彼女と結婚した。

作品データ

原題 The Merry Cavalier
製作年 1926年
製作国 アメリカ
配給 松竹キネマ社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 大当たり俄探偵