映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦争 はだかの兵隊

第一次大戦のイタリア軍隊を背景に、兵士たちの人間ドラマを描いたもの。脚本は、「三月生れ」のコンビ、アージェスカルペッリに、「鉄道員」のルチアーノ・ヴィンセンツォーニと監督のマリオ・モニチェリの共同。モニチェリの作品は日本では初めて。撮影は「白夜(1957)」などのジュゼッペ・ロトゥンノと「崖」のロベルト・ジェラルディが共同で担当した。出演はヴィットリオ・ガスマン、「ベニスと月とあなた」のアルベルト・ソルディのほか、シルヴァーナ・マンガーノベルナール・ブリエフォルコ・ルリロモロ・ヴァッリら。製作ディノ・デ・ラウレンティス。一九五九年ヴェニス映画祭グランプリ受賞作品。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一九一七年、イタリア軍はオーストリア軍の攻撃で敗退を重ねていた。--徴兵所で前科者のジョバンニ(ヴィットリオ・ガスマン)は衛生兵オレステ(アルベルト・ソルディ)に目をつけ、買収して、徴兵を逃れようとした。が、相手はただのネズミではなく、金をだましとられた。入隊させられ、激しい訓練を受けた。前線送りの汽車の中で、オレステに出会い、追いかけたが、結局二人はコンビになることになった。チリアーノの町の宿舎で、彼らの隊は前線からひきあげてきた隊と合流した。温厚なガリーナ中尉や兵士ボルディン(フォルコ・ルリ)などがいた。町にはただ一人の女性コスタンチーナがいるが、ジョバンニは言葉たくみに家にはいりこみ、ものにしてしまった。が、敵もさるもの、彼の財布は抜き取られていて、気づいたのは、部隊の前線出発の時だった。--壕は敵前二百米。ジョバンニは鉄条網を切り開く役に指名されたが、ボルディンが代役を引き受けた。彼はそんな金を家族に仕送りするのだ。突破口が開き、突撃になった。その最中に、彼ら二人は電話線敷設の役目を果した。彼らの隊の強行策が成功し、戦いは勝利に終った。犠牲は大きかったが。雨季がき、雪にかわり、また春がきた。ガリーナ隊長は頑強な陣地を構築するため、彼ら二人に、鉄条網と杭を、師団本部の倉庫に取りにやらせた。ジョバンニは仕事をオレステにおしつけ、コスタンチーナに会いに行く。その夜、敵の猛砲撃が彼らの部隊に加えられるのが見えた。翌朝帰った時、陣地は無残にふっとび、ボルディンたち多数の兵士が死んでいた。--部隊は休暇命令で後方の町へ帰った。ボロボロの兵士たちが人々を驚かせた。オレステは歓迎会の席上で金を集め、ジョバンニと遊びに行こうとしたが、ボルディン夫人が夫を探しているのに会った。彼が死んだとは、彼らもいえなかった。集めた金を夫人に渡した。--イタリア軍の敗退は続いた。避難民のごったがえすポンテ・サン・フェデレの町で、ジョバンニはなつかしいコスタンチーナに出会った。それが別れになろうとは、二人とも思わなかった。--最後の抵抗線・ピアヴェ河畔の旅館に配属された。カステリ守備隊長(ベルナール・ブリエ)は二人を砲兵隊へ連絡にやった。仕事を果し、酒を飲んで砲兵隊の馬小屋に寝た。その間、部隊は後退し、敵軍が入ってきた。スパイとして二人は引き出された。オレステがイタリア軍が河にかけた橋のことをつい話してしまい、その所在を追求された。言わねば銃殺。二人は一度は言う気になったが、ジョバンニがふみとどまった。彼がまず銃殺され、臆病者のオレステも、何も知らねえと叫びながら撃たれた、二人の身体は並んで横たわった。--反撃に成功したイタリア軍が死体の横を怒涛のように通りすぎた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 La Grande Guerra
製作年 1959年
製作国 イタリア
配給 東和
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 戦争 はだかの兵隊