映画-Movie Walker > 作品を探す > 美しき冒険

肉親を探して南仏を旅する英国の女教師をめぐるコメディ。アントニア・リッジの『家族アルバム旅行』から、ハインツ・パウクギュンター・ノイマンが脚本を書き、クルト・ホフマンが監督した。撮影はギュンター・アンデルスが担当。出演は、「愛する時と死する時」のリゼロッテ・プルファー、「黒い稲妻」のオリヴァー・グリム少年のほか、ローベルト・グラーフエヴァ・マリア・メインケブルーニ・レーベル、エディト・タイヒマンら。製作ゲオルク・ウィット

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ドロティ・デュラン(リゼロッテ・プルファー)は英国の田舎で女教師だった。早く両親に死別し、叔母に育てられた。叔母は彼女によく古い家族アルバムを見せ、南仏へ行けば身内がいるといったものだ。叔母が死んだあと、彼女は南仏のニームを訪れる気になった。昔、祖父の持っていた宿屋はすぐ見つかった。今の持主マリウス(ローベルト・グラーフ)は無口な好人物で亡妻の忘れ形身ピエールと暮していた。ドロティはすぐ、その明るさで少年と友達になった。祖母の消息も知れた。マリウスに話したら、近所の人たちが集ってきてくれたからだ。ドロティは再会を約し、祖母のいる所へ向った。が、祖母はいず、サン・テチェンヌ市に親戚がいるだろうと牧師が教えてくれた。神風バスで南仏の田園を走り、近くの町まで、試合にきていた市の蹴球チーム“赤い狼”と知り合い親戚を探し出すことができた。フランソワーズとカトリーヌという従姉妹である。彼女らとの生活は楽しかった。リヨンの祭りに、“赤い狼”の連中がサイクリングにさそってくれた。 その時、マリウスが商用のついでだとたずねてきた。マリウスと祭りに行った。帰りぎわ、ピエールが淋しがっているから必ず帰途には寄ってくれといい置いた。その後もマリウスはたずねてきた。ある夜、彼女に愛を告げた。彼女は悩んだ。英国には教え子が持っている。そのうち、休暇は過ぎ、帰国せねばならなかった。駅で、従姉妹や“赤い狼”の連中に送られ、パリ行きのホームを急いでいた時、ドロティの耳に、アナウンサーの声が入った。“ニーム行きは三番線です”。彼女の足が止った。その瞬間、迷いは去った。--ニームの小さな宿屋で、ドロティはマリウスとピエールと楽しく暮した。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Das Schone Abenteuer
製作年 1959年
製作国 西ドイツ
配給 中央映画社
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 美しき冒険