TOP > 映画作品を探す > 王子と運ちゃん

「高原児」「恋愛手帳」のデニス・モーガンと「毒薬と老嬢」「カナリヤ姫」のジャック・カーソンが主演する1946年作品の喜劇。脚本はチャールズ・ホフマンI・A・L・ダイアモンドが協力書下ろし「モロッコへの道」「歌は星空」のデイヴィッド・バトラーが監督し「カサブランカ」のアーサー・エディソンが撮影した。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

訪米中のバルカン小王国のヘンリーはつぶさに民主主義国の民情を視察しようと、24時間だけ身分を秘して親しく調査することを思い立った。彼は待従のオスワルド伯爵をまいて、タクシー運転手バズと友達になった。ヘンリーはミルウォーキーから出てきたのだというと、偶然バズもミルウォーキー生れだったので、たちまち親友となり、下町の酒場で大浮かれをしてその夜はバズの妹ナンとペギーのアパートに泊まる。翌朝、王子失踪の新聞と写真でバズとナンはヘンリーの正体を知った。そこで床屋でヒゲをそり落したが、バズは恋人のマニキュア・ガール、コニーとその友達ポリーをヘンリーに紹介した。バズの申し出でヘンリーと連れ立って、ニューヨークの見物と視察の1日を終え、コニーとポリーのアパートに立ち寄ると、検察員がやって来てついに身分を看破される。ヘンリーはラジオで呼びかけることとなったが、来合わせたバズとヘンリーは、すでに電波に乗っているとは知らず、アメリカ民主主義について議論した。それを聞いたヘンリーの国の国民は投票によって王制を廃し、共和国とすることを決定した。それはヘンリーの望むところで、彼は初めて自由の身となったのである。ところがヘンリーと交際するうちに、コニーはバズとどちらを恋しているのか分らなくなり、ヘンリーもコニーが好きなような気持ちになったので、コニーは精神病理学の先生に彼女の見た夢を話して、心理分析をしてもらった。彼女はバズを愛しているのであった。ビール製造業を視察に行くヘンリーが乗った旅客機に、彼があこがれのローレン・バコールが乗っていたので喜んで近付くと、ハンフリィ・ボガード、ヘンリーをすごい目でにらみつけた。

作品データ

原題 Two Guys from Milwaukee
製作年 1946年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 王子と運ちゃん