TOP > 映画作品を探す > 菩提樹

修道女から男爵夫人となり、七人の子供とともにトラップ合唱隊をつくったマリア・アウグストの波乱に満ちた若き日を描いた音楽映画。ゲオルク・フルダレックの脚本により、俳優出身で戦前から監督をしていたヴォルフガング・リーベンアイナーが監督した。撮影はウェルナー・クリーン、音楽はフランツ・グローテ。主演は舞台出身のハンス・ホルトルート・ロイヴェリックの二人。

4/5
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

オーストリア、ザルツブルグ近郊。第一次大戦当時Uボートの艦長として活躍したトラップ男爵(ハンス・ホルト)は、不幸なことに七人の幼い子を残して妻に先立たれた。男爵は、その軍隊経験から子供たちを厳しく育てた。余りの厳格さに家庭教師は次々と去り、そんなところへ来たのがマリア(ルート・ロイヴェリック)という見習修道女だった。家庭教師として彼女は暫く俗界に戻ることになったのだが、その夜マリアは、子供たちが歌うことが大好きだということを発見した。翌日、男爵が旅に出た留守、マリアは子供たちに野放しの自由教育を始めた。マリアの弾くギターに合せて歌う子供たちの無心の声。帰城した男爵は我が家の革命とばかり驚いたが、子供たちの希望に満ち溢れた顔に満足した。クリスマスが来た。男爵はマリアに結婚を申込んだ。いつしか彼女を愛していたのだ。七人の子供を幸福にするためなら、と物分りのいい修道院長は、二人の結婚を許した。やがてマリアと七人の子供たちによるトラップ合唱隊はザルツブルク音楽祭で一等賞を得、一躍有名になった。一九三八年、オーストリアがナチス・ドイツに併合されたとき、ナチ反対を表明した男爵の身を案じ、マリアは亡命を勧めた。一家はアメリカの興行主を頼って渡米した。が、亡命者として上陸は拒否され、港の収容所に入れられた。頼りにした興行主が来たが、子供の合唱隊など商売にならぬと言い捨てた。ドアを蹴って出て行く興行主。と、その後から突如、美しい歌声が湧き起った。興行主は思わず足を止めた。それは、子供たちが歌う、人々に心の故郷を思わせる菩提樹の歌であった。

作品データ

原題 Die Trapp-Familie
製作年 1956年
製作国 西ドイツ
配給 新外映
上映時間 106
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Baroness Maria Trapp ルート・ロイヴェリック
Baron Trapp ハンス・ホルト
Dr. Wasner ヨゼフ・マインラート
The Children ミハエル・アンデ
The Children Knuth Mahlke
The Children Ursula Wolff
The Children Angelika Werth
The Children Monica Wolf
The Children Ursula Ettrich
The Children Monika Ettrich

レビュー

児童合唱団

投稿者:okara

(投稿日:2011/3/10)

次から次へとすべてが何事においても良い方向へと進んでいく・・…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 菩提樹