TOP > 映画作品を探す > 火薬に火

武器密輸団をテーマにしたアクション・ドラマ。日本には初登場のジャック・ロベールのオリジナル・シナリオを「筋金を入れろ」のアンリ・ドコアンと「現金に手を出すな」のアルベール・シモナンが脚色、シモナンが台詞を、ドコアンが監督を担当した。撮影は「首輪のない犬」のピエール・モンタゼル、音楽はモーリス・ジャール。主演は「街の仁義」のレイモン・ペルグラン、ユナイト映画「攻撃」のペーター・ファン・アイク、新星フランソワーズ・ファビアン。ほかに脚色者のシモナン、「悪魔のような女」のシャルル・ヴァネルなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

武器密輸をやっているペドロ(ペーター・ファン・アイク)は妻のローラ(フランソワーズ・ファビアン)と共に南仏、スペイン国境の荒涼たる荒原にある廃墟の如き石の建物に人眼を避けて住んでいる。そこへ画家と称するリュド(レイモン・ペルグラン)が訪れて来た。ペドロが突きつけるピストルをかわして自分は武器密輸仲間のボス、アルバトラスの使者として来たのだといった。アルバトラスは現在わけがあって身をひそませているが、早急に取引きをしたいという。しかし、ペドロの手持品だけでは足りないので仲間のジェフから補給してもらわねばならない、ペドロは、リュドとローラを連れジェフのところに車を走らせた。--セートの町の夜、ローラはリュドにこの生活と縁を切りたいとささやく。ジェフの情婦ブリジットもリュドの男振りに一目ぼれ。一方、ペドロとジュフは明日の晩船積みを決行するとリュドに約束するが、その頃マルセイユの警察は活溌な活動を開始していた。リュドは、実は警察から派遣されていたのである。ボス、アルバトラスはすでに捕えられ、厳しい取調べを受けていたのだが、スキを見つけて警察を逃げ出し、リュドはサツの犬だとペドロに電話し、自らも厳重な非常線を突破して高原に車をはせる。はじめて、警察の手に踊らされたことを知ったペドロは、静かに微笑をうかべて、リュドに近づく。その傍には化石のように立ちすくむローラ。闇をつんざいて銃声が起った。重傷のリュード。しかしペドロも警官隊の銃弾に朱に染まって倒れた。

作品データ

原題 Le Feu aux Poudres
製作年 1956年
製作国 フランス イタリア
配給 新外映
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 火薬に火