赤と黒(1954)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

赤と黒(1954)

1954年12月25日公開,144分
  • 上映館を探す

スタンダール(1783-1842)の著名な小説を「青い麦」のクロード・オータン・ララが監督するイーストマンカラー色彩の作品で、脚色台辞はやはり「青い麦」のコンビ、ジャン・オーランシュとピエール・ボストの二人が担当している。撮影は「外人部隊(1953)」のミシェル・ケルベ、音楽は「青い麦」のルネ・クロエレックである。出演者は「しのび逢い」のジェラール・フィリップ、「たそがれの女心」のダニエル・ダリュー以下、「愛すべき御婦人たち」のアントネッラ・ルアルディ、「裁きは終わりぬ」のアントワーヌ・バルペトレ、「北ホテル」のアンドレ・ブリュノ、ジャック・クランシーらが出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大工の息子ではあったが大工仕事よりもラテン語の勉強に身を入れるジュリアン・ソレル(ジェラール・フィリップ)は、シェラン僧院長の推薦でヴェリエエルの町長ド・レナアル侯爵家の家庭教師となった。ド・レナアル夫人(ダニエル・ダリュー)はいつしかジュリアンに愛情を抱くようになったが、ジュリアンとの逢瀬が重なるにつれ次第に後悔し、子供が病気になったとき、夫人は自分の非行を天が罰したのではないかと考えるようになった。世間の口も次第にうるさくなって来たころ、ジュリアンは心を決めてかねての計画通り神学校に向けて出発した。ナポレオン戦争直後のフランスでは、僧侶になることが第一の出世道だったのである。しかし、神学校でも、ジュリアンは、平民に生れた者の持つ反逆の感情に悩まねばならなかった。ピラアル僧院長はジュリアンの才気を愛していたが、同時に彼の並ばずれて強い野心を心配していた。僧院長がド・ラ・モオル侯爵に招かれてパリに行くときジュリアンも同行してド・ラ・モオル侯爵の秘書となったが、ここでも上流社会からの侮蔑の目が彼に注がれた。ジュリアンはその復讐に、侯爵令嬢マティルド(アントネラ・ルアルディ)と通じ、侯爵令嬢をわがものとした優越感に酔った。二人の結婚を認めねばならなくなった侯爵は、ド・レナアル夫人にジュリアンの前歴を照会した。夫人は聴問僧に懺悔したと同じく、ジュリアンを非難し、自分との関係を暴露した返事をよこした。これを読んでジュリアンは激怒し、ヴェリエエルへ行って夫人をピストルで傷つけた。法廷に立ったジュリアンはあらゆる弁護を拒絶した。彼はこの犯行が貴族への復讐心から出たものではなく、彼女への恋から発していることを悟った。獄舎に訪れて心から許しを乞う夫人との抱擁に満足しつつ、ジュリアンは絞首台の人となった。

作品データ

原題
Le Rouge et le Noir
製作年
1954年
製作国
フランス
配給
東和
上映時間
144分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • 3
    2009/12/2

    貧しい出では有るけれど、充分な生活を手に入れていると思う。

    勿論、本人の努力と、人に取り入るタイミングの良さと魅力が有ったのだと思うけど。


    ハンサムだし、立ち姿が美しいし、(題名にもなっている、彼が出世に利用しようとした赤と黒のそれぞれの制服姿なんて、本当に見惚れます)頭も良いし、野心的。
    気取った退屈な貴族の中に居る女性たちは、そりゃあ惹かれるわよねぇ。

    でもねぇ、本当に、危険な男。
    プライドが高くて、とても強く貴族たちにコンプレックスを感じているのよね。

    平民が、出世を願う事が、どんなに大変かが良く解る、切なくてロマンティックな映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告