TOP > 上映中の映画作品を探す > マルタ島攻防戦

「戦慄の七日間」のピーターー・デ・サリニーが一九五三年に製作した戦記映画。「マオリ族の怒り」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドナイジェル・バルチンの共同脚本より「舞姫夫人」のブライアン・デズモンド・ハーストが監督した。撮影は「ロミオとジュリエット(1954)」のロバート・クラスカー、音楽は「マオリ族の怒り」のウィリアム・オルウィン。出演者は、「地中海夫人」のアレック・ギネス、「マオリ族の怒り」のジャック・ホーキンス、「秘境ザンジバー」のアンソニー・スティール、「ジェット機M7号」のミュリエル・パヴロウ、「ロミオとジュリエット(1954)」のフローラ・ロブソン、「最後の突撃」のルネ・アシャーソンら。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第二次世界大戦中。航空写真偵察の名手、イギリス空軍中尉ピーター・ロス(アレック・ギネス)らの乗ったカイロへ向う輸送機は燃料補給のためマルタ島の英軍基地に着陸したところを独空軍に爆撃されて炎上し、足を奪われたロスはマルタ基地に配属されることになった。そのころ、イギリスは最大の努力を払ってマルタ島を確保しようとしていた。ここを奪われると地中海全域の制空権を失いアフリカのロムメル軍が俄然有利となるからだ。ロスは偵察飛行に出たとき、航空司令(ジャック・ホーキンス)の命を冒してイタリア南部を飛び、軍法会議にかけられそうになったが、彼の撮影したフィルムにはマルタ進攻を目指すグライダー満載の貨車群が写っており、首脳部は緊迫した空気に満たされた。マルタ島での彼我の応酬は日ごとに激しさを加え、イギリスは米空母からスピットファイア機の空輸を敢行して攻撃態勢を整えた。ロスはある空襲の最中、作戦室に勤務するマリア(ミュリエル・パヴロウ)と知りあい、恋におちた。ロスは同僚バートレット(アンソニー・スティール)に相談した。バートレットも作戦室勤務のジョーン(ルネ・アシャーソン)と恋仲だが、戦争が終るまでは結婚しないといった。マリアの母もこれと同じ意見だった。ある日、枢軸側の油槽船が大挙して北アフリカへ向ったニュースが入った。この船団が無事につけばロムメルが勝つ。航空司令から船団発見の命をうけたロスは単機密雲を縫って偵察に出かけ、行動範囲をはずれるかと思われるところまで足を伸したが、密雲が災いしてか船団を発見することができなかった。これまでと引返しかけたとき、雲の切れ目から遂に船団を発見した。ロスは直ちに船団の位置を司令部に打電したが、そのため敵戦闘機に発見され、あえなく撃墜された。やがて来た勝利の日、人々の歓喜をよそに、マリアは一人思い出の海岸に立ちつくしていた。

作品データ

原題 Malta Story
製作年 1953年
製作国 イギリス
配給 BCFC=NCC
上映時間 103
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > マルタ島攻防戦