映画-Movie Walker > 作品を探す > アンリエットの巴里祭

「巴里の空の下セーヌは流れる」のジュリアン・デュヴィヴィエが一九五二年に監督した喜劇で、デュヴィヴィエと「花咲ける騎士道」のアンリ・ジャンソンが脚本、構成に当った。台辞はジャンソンがかいた。「七つの大罪」のロジェ・ユベールが撮影、音楽は「夜ごとの美女」のジョルジュ・オーリック。「恋路(1951)」のダニー・ロバン、「シンゴアラ」のミシェル・オークレール、「二つの世界の男」のヒルデガード・ネフ(ヒルデガルド・クネフ)が主演し、新人ミシェル・ルウ、「第三の接吻」のサテュルナン・ファーブル、「港のマリイ」のジュリアン・カレット、「快楽」のアンリ・クレミュー、「愛すべき御婦人たち」のルイ・セニエなどが出演する。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

活劇やエロの好きな脚本家(アンリ・クレミュー)と純愛派ライター(ルイ・セニエ)の二人が協同でシナリオを一本まとめようとする。--まず、物語は七月十三日の夕方からはじまる。翌十四日は革命記念日で聖アンリエット祭、そしてこの物語の主人公アンリエット(ダニー・ロバン)の誕生日だ。彼女は、報道写真家の恋人ロベエル(ミシェル・ルウ)と楽しい一日をすごすことになった。が、会うだけでは詰らないと、活劇エロ派が一案を出す。ロベエルの許へ女曲芸師リタ(ヒルデガード・ネフ)から誘いがくる。二時にロベエルはアンリエットと一応会って踊ったが、ウソをついてアンリエットを置去りにした。彼女はそこでモオリス(ミシェル・オークレール)というやくざに会う、モオリスは、仲間にたのまれて、ある男爵邸の金庫破りをするが、その邸へアンリエットを連れて行き、自分の家だという。そして金庫から大金を出して、アンリエットに、どこか遠い国へ行こうと誘うが彼女はやはりロベエルを忘れられぬからと断る。アンリエットはロベエルと約束した広場へ行く。モオリスは彼女に首飾を贈って刑事にひかれていった。一方、リタとの逢引に失望したロベエルは広場にかけつける。十二時になってやっと二人はめぐり会えた。夜空に打上げられる花火をみながらロベエルは彼女に結婚を申込んだ。--という脚本を二人の脚本家がミシェル・オークレールにみせたところ、彼はいった。“これと同じのをもうやりましたよ、デュヴィヴィエ監督の「アンリエットの巴里祭」という映画ですがね。”

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 La Fete a Henriette
製作年 1952年
製作国 フランス
配給 東和=東映
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アンリエットの巴里祭