007/黄金銃を持つ男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

007/黄金銃を持つ男

1974年12月14日公開,125分
  • 上映館を探す

タイのプーケット島を舞台に、黄金銃を持つ男スカラマンガとボンドの対決を描いた「007」第9作目。製作はアルバート・R・ブロッコリとハリー・サルツマン、監督はガイ・ハミルトン、原作はイアン・フレミング、脚本はトム・マンキーウィッツとリチャード・メイバウム、撮影はテッド・ムーア、音楽はジョン・バリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、クリストファー・リー、ブリット・エクランド、モード・アダムス、フランソワーズ・ティリー、バーナード・リーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、ロンドンのM(B・リー)のオフィスに、ジェームズ・ボンド(R・ムーア)の命を奪うと書かれたメモと共に一個の黄金の弾丸が届けられた。送り主は、百万ドルで仕事を引き受ける“黄金銃を持つ男”、殺し屋の帝王と呼ばれ、タイのフーケット島にアジトを構え、KGBやマフィアを手下に従えるスカラマンガ(C・リー)という男だった。挑戦された以上座って殺されるのを待つよりもと、ボンドはスカラマンガを倒すために香港へ向かった。そのボンドの後を、スカラマンガの愛人アンドレア(M・アダムス)が尾行していた。香港でボンドは、メアリー・グッドナイト(B・エクランド)という魅力的な女情報部員と会った。彼女はボンドにアンドレアのいるホテルを教えた。その夜、部屋に忍び込んだボンドはシャワーを浴びているアンドレアを見出し、今晩スカラマンガが市内のあるナイトクラブに行くことを教えられた。ボンドはそこにスカラマンガを発見できなかったが、黄金の弾丸をぶち込まれた死体に出くわした。男はギブソンといい太陽エネルギーの研究家で世界のエネルギー危機を解決する“ソレックス・アジテイター”なる装置を開発した直後に行方不明になっていた。ボンドは、ギブソンの最後の雇主である大金持の中国人実業家ハイ・ファット(R・ルー)をタイに訪ねた。屋敷に忍び込んだボンドを待っていたのは二人の大男のレスラーと小人の召使いニックナック(H・ビレシェーズ)だった。大格闘の末、ボンドはノックアウトされたが、危機一髪で難をまぬがれた。やがてボンドは、スカラマンガが彼を殺す契約などしていないことをMから知らされる。ボンドに黄金の弾丸を送ったのはアンドレアだった。スカラマンガから逃げられなくなっていた彼女は、ボンドに彼を殺させようとしたのだ。その代償として“ソレックス・アジテイター”を渡すという。だが彼女もキック・ボクシング会場のバンコック・スタジアムで殺されてしまう。ボンドはセスナに乗って、スカラマンガの本拠地であるタイのプーケット島に乗り込み、一対一の死闘の末スカラマンガを倒した。ボンドとグッドナイトは“ソレックス”を持って魔の島の罠をくぐり抜け、無事脱出。魔の島をあとに香港へ向かって出航した。

作品データ

原題
The Man with the Golden Gun
製作年
1974年
製作国
イギリス
配給
ユナイト
上映時間
125分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • フジ三太郎

    3
    2020/2/16

    ムーア・ボンド2作目。
    脚本をメイバウムとマンキーウイッツの通常コンビで手掛け、そつのない作品となっている。ガイハミ監督も汚名挽回。
    ボンドガールは2人共、絶世の美女ではないが及第点。ボンドは相変わらず「ドンファン」。出だしのボンド殺害予告は、よく考えると、スカラマンガがそんな危険を侵すのかと思っていると、後半、謎が解ける。
    本作に出てくる「ソラックス」は、後年、大友克洋が、AKIRAで丸ごとパクった。
    今回、マカオ、香港、タイと、エキゾチックな場所でオールロケなのがいい。
    それでもクライマックスは、「二度死ぬ」のラストというか、マクリーン「ナバロンの要塞」型の秘密アジトなので、ここはセットだろう。
    なぜ前作が適当な出来だったのに、本作ががぜん良くなったかと言えば、元々は本作が「二度死ぬ」の後にムーア・ボンドで企画されたのが、ロケ地カンボジアの政変で延期を余儀なくされていた間に、企画・脚本が良く練られたからだと思う。
    スカラマンガ役のクリストファー・リーは、30年後の「SW EP2・クローンの攻撃」にも出演。怪物俳優だけに、年を取らない笑。
    カンフーとの対決と鏡は「燃えよドラゴン」、タイと裸の女は「エマニエル夫人」からいただいたように思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ドラエモン

    3
    2009/9/20

    007シリーズ第9作目、2代目ジェームズ・ボンド役であるロジャー・ムーア第2作目が、『007黄金銃を持つ男』(1974年イギリス制作)である。この作品は、1973年「007死ぬのは奴らだ」に続くヒットを飛ばそうと、製作元であるユナイテッド・アーティスツ社が、速やかに次作をと、プロデューサーに働きかけ制作を急がせた作品でもある。この作品では、なんと言っても、トレイドマークである組立式黄金銃を持つ男・スカラマンガ役に、「吸血鬼ドラキュラ」で名声を得ていたクリストファー・リーをボンドの好敵者に配置して、物語展開しているところが面白い。クリストファー・リーは、さすがに独特の雰囲気を持った役柄で、このスカラマンガを演じている。サーカスで鍛えた正確な銃の使い手として、好演をしている。また、スカラマンガの補佐役として、これまた得体の知れない小人役ニック・ナック役にフランス人俳優エルヴェ・ヴィルシューズを配し、奇妙な殺人鬼スカラマンガを引き立てている。このような小人俳優を使うことは、「チャーリーとチョコレート工場」のウンパ・ルンパや「ロード・オブ・ザ・リング」のホビットのように、独特の雰囲気の場を作りだす効果があるのだ。日本で言えば、「てなもんや三度笠」に出演していた珍念こと、白木みのるが該当する。
     これまでのボンド映画と比べると、007シリーズの売りとも言うべき巨大セットのインパクトも薄く、ボンドにもユーモアさが欠け、若干地味な印象を受ける。唯一のカーアクションの見せ場、車を360度回転させての川越えのジャンプのスローモーションシーンは、見応えがあった。コンピュータで予め着地地点が計算され、6台のカメラを使って撮影された。スタントは、一発で成功したそうです。空手道場のシーンでは、ボンドは、柔道着を着せられ、格闘家達と対決させられるが、当時流行ったブルース・リーの映画の影響でも受けたのだろうか。道場の門下生達よりも女学生達のほうが強かったのは、意外。小人の殺し屋ニックナックは、色々と見えないところで巧妙な罠を仕掛けたりするのですが、ちょっと漫画チックで面白い。プーケット島で撮影されたクライマックスの孤島でのボンドのワルサーPPKとスカラマンガの黄金銃の対決シーンは、面白かったが、しかし、物足りなさもあった。黄金銃が今見るとやはり、古さを感じさせられ、玩具に見えてしまうのが残念。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告