戒厳令(1973・フランス・イタリア)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

戒厳令(1973・フランス・イタリア)

1973年公開
  • 上映館を探す

緊迫した政治情勢を調査するために、南米ウルグアイを訪れ、銃射された民間人と称するアメリカ人、実は政治組織の高級官僚だったダン・アンソニー・ミトリオンをモデルに、“戒厳令”下の恐怖政治の実態を暴く。製作総指揮はジャック・アンリ・バラエティエ、製作と監督は「Z」のコンビのジャック・ペランとコスタ・ガブラス、脚本はフランコ・ソリナスとコスタ・ガブラス、原案はフランコ・ソリナス、撮影はピエール・ウィリアム・グレン、音楽はミキス・テオドラキス、編集はフランンワ・ボノが各々担当。出演はイヴ・モンタン、レナート・サルヴァトーリ、O・E・ハッセ、ジャック・ヴェベール、ジャン・リュック・ビドー、エヴァンジェリーヌ・ペテルソン、モーリス・テナックなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一九七〇年八月、南米ウルグアイ、モンテビデオは黒い霧に包まれていた。緊迫した政治情勢下にある月曜日の朝、イタリア系アメリカ人フィリップ・マイケル・サントール(Y・モンタン)ブラジル領事ロベルト・カンポスが、都市ゲリラの革命グループ“ツパマロス”に誘拐され、街の一角にある地下本部に連れ去られた。この国際的誘拐事件は、ジャーナリズムで異常な反響を呼び起こした。なかでも、進歩的な新聞社を主宰するカルロス・デュカス(O・L・ハッセ)は曖昧な答えしかしない政府側に疑問を感じ、単独で調査に乗り出した。フィリップ・マイケル・サントール--国際開発機関の交通・通信部担当技師ということで警察に籍をおいていたが、事実は違っていた。彼は、アメリカ国家の命により、ウルグアイ政府と手を結んで進歩的左翼勢力を弾圧する目的でこの国にやってきたのだ。ワシントンの国家警察の教官であり、既に数多くの左翼グループ弾圧のメンバーを育成していた。ウルグアイの政府内部でも、ロペス大尉(R・サルバトーリ)とロメロ大尉の二人が彼の教育を受けていた。サントールの正体を知り、さらにブラジルその他の中南米諸国を廻り、左翼グループ抹殺を遂行してきたことを知ったカルロスは、ただ愕然とするしかなかった。月曜日の夕方、政府は全市に厳重なる“戒厳令”をしき、特殊軍事警察指令部のロペス大尉をその隊長に任命した。一日おいた水曜日、“ツパマロス”は、捕われの同志と二人を交換する条件をうち出したが、政府はこれを拒絶した。街では軍隊の一般の人々に対する拷問や殺戮が続き、議会でも野党によって政府への批判が行なわれた。その頃、カルロスはさらに大きな事実をさぐりあてた。それは、特殊軍事警察とは名ばかりで、実は裏では“死の中隊”と呼ばれ、暗殺、スパイ活動、拷問を行う秘密組織であり、ロペスらはサントールの指揮下で秘密裡に暗殺団を結成し革命勢力を撲滅すべく、魔の手を伸ばしている、ということだった。凍るような寒さの金曜日、“ツパマロス”は、二人の正体を暴露した。だが、事実を知った国民の批判をよそに、大統領は“正義と権力を守る”とくり返すだけだった。土曜日、“死の中隊”によって“ツパマロス”の連絡所が発見され、革命グループの闘士たちは次々に射殺された。“ツパマロス”の幹部闘士は、二十四時間以内に捕えられた多くの政治犯を釈放しなければ、サントールを処刑すると通告したが、政府は同じ言葉をくり返すだけだった。サントールの処刑は決定した。数時間後、胸部に二発の銃弾を受けたサントールの死体が盗難車の中から発見された。--サントールの国家葬儀が、何事もなかったように整然と行われている。そして、政府はサントールの後任者を迎える準備に余念がない。美しいモンテビデオ空港に降り立つ第二のサントール。だが、既にそのことを知っていた“ツパマロス”の闘士たちの眼が光っていた。彼らの胸の中には、まだ続く自由への解放と闘争への息吹きが静かに波打っていた。戦いはいつ終わるともしれず果てしなく続くのだ。

作品データ

原題
Etat De Siege
製作年
1973年
製作国
フランス イタリア
配給
富士映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • siorinn

    5
    2008/1/27

    1970年、ウルグアイ。
    政府の要人がたて続けにゲリラ「ツパマロス」に誘拐される。
    その中の一人、アメリカ人・サントール。
    彼はゲリラが誘拐する要件に当てはまらないかとマスコミは思うが・・・・

    コスタ・ガブラス監督を一躍有名にした「Z」に続き、
    アメリカが中南米の国に対して行った政治的内干渉を軸にしたサスペンス。
    イヴ・モンタンを主演のサントールに据え、
    物語の冒頭に結末を見せ、このサントールがいかなる人物で、
    ウルグアイの政治にいかに干渉し、ゲリラが誘拐するに至るか、
    という部分を本人とツパマロスのゲリラとの対話により浮き彫りにする。
     
    コスタ・ガブラス監督は、実話に基づいた作品、というものを常に主軸にしているため、
    この「戒厳令」もウルグアイでの実際の誘拐事件を元に作られている。
    結末から解答を導き出すサスペンスの手法を採っており、
    観るものを惹き付け、ぐいぐいと物語に引き込む手法は素晴らしいの一言に尽きる。

    イヴ・モンタンが謎の人物サントールに適役。
    物語自体も「国家」の体制、報道、ゲリラの描き方が実に自然であり、
    幕切れもこれから先に起こりうるであろう事態を想像させ、
    政治的風刺のぴリっと効いた作風である。

    このような秀作をフィルムで鑑賞できた幸福を感謝するばかりである。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告