TOP > 映画作品を探す > 美女連続殺人魔

ローマのマンションを中心に次々に起こる美女連続殺人事件を描くサスペンス。製作はルチアーノ・マルティーノ、監督はアンソニー・アスコットが担当。出演はエドウィジュ・フェネシュジョージ・ヒルトンパオラ・カトリーニジャン・ピエロ・アルベルティーニなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ローマのあるマンションでたて続けに二人の若い女性が惨殺された。数日後、カバー・ガールをしている美人モデルのジェニファー(E・フネシュ)と友人のマリリン(P・カトリーニ)は、カメラマンの口ききで不動産会社の支配人アンドレア(G・ヒルトン)に紹介され、彼が建築したマンションに入ることになった。それは例の殺人事件が起きたマンションだったが二人には気にならなかった。ジェニファーは若くてやり手のアンドレアに魅かれ、アンドレアも彼女の美しさに好意を抱いた。ある夜、寝ていたジェニファーが、顔をストッキングで覆い、ゴム手袋をはめた男に襲われたが、隣室の娘シーラによって救われた。この事件を捜査していた殺人課のエリッチ刑事(F・アゴスティーニ)は一応の容疑者としてアンドレアを尾行し始めた。シーラーに元気づけられ部屋に戻ったジェニファーは今度は洋服ダンスの中に押し込められた死体を発見した。それは彼女が昔入っていた乱交組織で知り合い、脱会後も復縁を迫りしつこくつきまとっていた男だった。同じマンションの第三の殺人事件にやっきになったエリッチ刑事は、ジェニファーに犯人をおびきよせるよう協力を求めている折、さらに第四の犠牲者が現われた。それはマリリンだった。だが、ジェニファーには刑事がいうようにアンドレアが犯人だとはどうしても思えなかった。ある日、戦争未亡人の老婆が一人で住んでいる筈の隣室から若い男の話し声が聞こえるのを不信に思ったジェニファーは、未亡人の留守を狙って部屋に忍び込んだ。突然、全身ケロイドでおおわれた若い男が襲ってきた。運よく未亡人が帰宅したために危機を脱したジェニファーの報告を受けた刑事は家宅捜査するが、未亡人は一人住まいだといいはり、男の姿も見あたらず、結局彼女の錯覚だということで刑事はひきあげた。そのとき、マリリンが殺されて以来、消息が途絶えていたアンドレアから呼び出しがかかった。待ち合わせの場所で彼に会えなかったジェニファーがマンションに戻ったとき、玄関で大学教授の娘シーラとバッタリ出会う。二人がエレベーターに乗ると、上へ昇る筈のエレベーターが下におりてしまう。やむなくボイラー室を抜けて上がろうとしたとき、いきなり前を歩いていたシーラに向けて何者かが蒸気を吹きつけた。シーラは全身大やけどをおって死んだ。追いつめられたジェニファーの前に立ちはだかったのはアンドレアだった。そこへ刑事たちが踏みこんできたため、アンドレアは姿を消してしまうが、今までアンドレアだけは犯人ではないと信じていたジェニファーもついに彼が真犯人だと思いこまざるを得なかった。するとケロイドの男は一体何者なのだろうか。彼女には何もかも判らなくなってしまった。すべてに絶望したジェニファーは、荷物をまとめて引越しの準備をはじめた。隣室の大学教授がひくバイオリンだけが悲しく聞こえていた。鏡の前で化粧をしようとしたとき、いきなり後から例のストッキングの男が襲ってきた。彼女は必死にゴム手袋の手をふり払い、外に飛び出すとそこには全身ケロイドの男が殺されていた。では犯人は一体誰なのか? 彼女は隣室に飛込んだが、そこにはバイオリンの音をふき込んだテープレコーダーが廻っているばかりだった。真犯人は大学教授だったのだ。

作品データ

原題 Jennifer
製作年 1973年
製作国 イタリア
配給 東京第一フィルム
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 美女連続殺人魔