オーメン4|MOVIE WALKER PRESS
MENU

オーメン4

1991年10月19日公開,0分
  • 上映館を探す

悪魔の子ダミアン・ソーンを主人公にしたオカルト映画の10年ぶりの続編TVムービー。今回は女の悪魔の子が汎キリスト者を殺しまくる。監督はホルヘ・モンテンとドミニク・オートナン・ジェラールが共同で、製作・原案はハーヴェイ・バーンハードが3部作に引き続き、エグゼクティブ・プロデューサーはメイス・ニューフェルド。共同原案・脚本は「ポルターガイスト3 少女の霊に捧ぐ… 少女の霊に捧ぐ…」のブライアン・タガート。撮影はマーティン・フューラー。音楽はロバート・ランドレスが担当。テーマのみ3部作のアカデミー賞受賞のジェリー・ゴールドスミスのスコアを使用している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

子宝に恵まれないカレン・ヨーク(フェイ・グラント)と弁護士の夫ジーン(マイケル・ウッズ)は聖フランシスコ孤児院から女の赤ちゃんを養子にもらった。その夜、子供を与えた院長は発作を起こして死に、シスター・イボンヌ(ミーガン・リーチ)は十字架が逆さになるのを見た。ディーリアと名付けられた赤ん坊は洗礼を受けようとした時、激しく泣き出し、その直後に神父は心臓発作であの世へ行った。やがて、地方代議士のセックス・スキャンダルでジーンは議員に打って出て、当選したが、ディーリアの身辺には奇妙な事件が連発する。幼稚園の喧嘩相手の父親が交通事故で首を落としたり、乗馬会で馬が異常興奮して落馬したり、科学館で「お父さんは大統領になる」と口走ったり。カレンはディーリアにジョー(アン・ハーン)という若い女性を子守につけた。彼女はサイキック・パワーに造詣が深く、即座にディーリアの持つ邪悪の力に気づき、頃合いを見て仲間のいる超能力フェアの会場へ連れて行くが、霊能力者たちはディーリアを恐れ、どこからともなく火が起き、会場は火に包まれた。ほどなく、ジョーは家の2階から転落死し、それを見たカレンは失神する。カレンは妊娠しており、やがて生まれて来た子はアレキサンダーと名付けられた。ジョーの生前の言葉でカレンはディーリアに疑念を抱き、出生の秘密を探ろうと、探偵アール・ナイト(マイケル・ラーナー)を雇う。アールは修道女から娼婦、そして今は宗教団体の福音女となっていたイボンヌに会うが、直後彼女は従順なはずの蛇に噛まれ、変死した。アールはイボンヌの持つスクラップと書類をカレンに送った直後、工事現場の鉄球に押し潰された。書類を受け取り、メーソン神父に反キリストについて教えを受けたカレンはディーリアが悪魔の子だと確信し、悪魔の従僕で一家の主治医ヘイスティングスを拷問し、ディーリアとアレキサンダーはダミアン・ソーンの子供で、アレキサンダーはカレンが失神したとき、体に植え付けられたと白状する。カレンは医者を殺し、二人の子供を殺しに行くが、魔力に負け、自殺されられる。

作品データ

原題
Omen 4 The Awakening
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • えんいちろう

    3
    2013/2/18

    みそくそに言われている評価ほどひどい作品ではなかった気がする。
    ダミアンも怖かったけど
    やっぱ、世の中、
    女の子の方が怖いんだなって事

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告