袋小路|MOVIE WALKER PRESS
MENU

袋小路

1971年3月13日公開,112分
  • 上映館を探す

全財産を投げ打って、孤島の古城を買い取り、若い妻と理想郷を求める中年男の生活に逃亡中のギャングが侵入し、奇妙な人間関係が出来上がったり、こわれたり……。監督・脚本を「吸血鬼」「ローズマリーの赤ちゃん」のロマン・ポランスキー、協同脚本を「反撥」や「吸血鬼」などのジェラール・ブラッシュ、撮影をギル・テイラー、音楽はコメダ、美術をヴォイテク・ロマン等が各々担当。出演は「007は二度死ぬ」「ソルジャー・ブルー」のドナルド・プレゼンス、「柔らかい肌」「ロシュフォールの恋人たち」の故フランソワーズ・ドルレアク、「大空港」のジャクリーン・ビセット、その他、ライオネル・スタンダー、ジャック・マクガウラン、ロバート・ドーニング、マリー・キーン、イェーン・クォーリア、トレヴァー・ドラニーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

険気っぽい古城のある淋しい陸繋島に、一台の車に乗った二人のギャングがやって来た。容貌怪異な大男リチャード(L・スタンダー)は右腕を射たれて繃帯で吊り、狡猾だが気の弱そうな小男アルバート(J・マクゴーワン)は腹に弾を受けて苦しそうな様子。動けないアルバートを車に残し、リチャードは城の方へ向った。城に住んでいるのは奇妙な夫婦で、中年の禿頭の夫ジョージ(D・プリーザンス)は非情にエキセントリックな感じ、若い妻のテレサ(F・ドルレアック)は欲求不満そうでいて投げやりな物憂さがあった。二人は結婚十ヵ月目であり、夫のジョージは再婚で、全財産を投げ打ってこの城を買い取り、若妻と一緒に理想的な生活に入ろうとしたのであった。彼は好きだった絵を描きテレサは鶏小舎を作っていた。この日、彼女は近隣に住む青年クリストファー(I・クォーリア)とエビ釣りに行き、夜、ヤキモチを焼く夫をからかっていた。そんな時、リチャードが踏み込んだのだ。ピストルで脅かして大人しくさせ、自分のボスに電話を掛け、島まで迎えに来るように頼む。その電話の話では彼等の仕事は不成功だったらしくボスはカンカンだ。リチャードは夫妻を手伝わせてアルバートを迎えにいくが、潮が満ちて道は海に沈み、アルバートは全身水びたしで車の中に居た。ジョージはオドオドとリチャードの命令に従い、テレサはそれが不満そうだ。アルバートは死んだ。深夜、リチャードが彼を埋める穴を掘っているとテレサが手製のウォッカを持って現れ手伝う。ヘンな女だ。二人はへべれけに酔っぱらう。夜も白みかけた頃、二人の様子に驚いて出て来たジョージも加わり、ムリに飲まされて、彼も酔っぱらい、身の上話をしたりする。陽が昇ってもリチャードのボスの迎えは来ない。そんな時、折悪しくジョージの旧友一家が来訪した。フェアウェザー氏(R・ドーニング)や妻(M・キーン)、プレイボーイ風のニコラス(T・ドラニー)と連れの女ジャクリーン(J・ビセット)等だ。リチャードは慌てて召使の役を演じてゴマかすが、さっそくニコラスはテレサを口説くし、ジョージの以前の生活を知っていて、何故今の変化を求めたのかを俗っぽく問うフェアウェザーのスノッブぶりや、連れて来た小さい息子の手のつけられない我ままさにイライラしたジョージは彼等を追い返してしまう。後になって舞い込んで来たクリストファーもテレサが何の関心を示してくれないで結局、追い出される。リチャードは再び、ボスに電話で連絡をつけるのだが、「お前なんか勝手にしろ」の伝言だけ、迎えは来ないのだ。激怒するリチャード。奇妙な倦怠の時が流れ、三人は個々の手酷い疲労感を覚え、午睡についたり、休んだりする。そのうちテレサはリチャードの脱ぎ捨てた服のポケットからピストルを奪いジョージに渡した。いさかいの末、気の弱いジョージは滅茶苦茶に引き金を引きリチャードを射ち殺す。狂ったようになるジョージ。ケシかけておきながらオロオロし、何を考えているのかさっぱり分らぬテレサ。ジョージは海に面した岩の上に坐り込み最初の妻の名を呼びながら、サメザメと泣き濡れる……。

作品データ

原題
Cul-De-Sac
製作年
1966年
製作国
イギリス
配給
ATG
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • Movie Walkerユーザー

    3
    2018/8/29

    外界と遮断された古城に住み、理想の暮らしを満喫していた中年男とその若妻のもとに逃走中の2人組のギャングがやって来る。結局子供で、浮気していた美人妻が一番得してるし旦那とギャングは可哀想な感じに。不条理劇。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告