映画-Movie Walker > 作品を探す > 完全なる結婚・第二部

前作「完全なる結婚」につづく、ヴァン・デ・ヴェルデ博士原著の同名映画化第二作。製作スタッフは前作とまったく同様で、監督はフランツ・ヨゼフ・ゴットリーブ、脚本はパウル・ヘンゲ、撮影はクラウス・ケーニッヒ、音楽はピーター・トーマス、製作はホルスト・ヴェンドランドが担当。医学監修と解説はエーベルハルト・シェッツィンク博士。キャストはカール・ハインツ・バウアーバルバラ・クリンゲレートバルバラ・カペルレナーテ・ホイアーなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

〈第一章・婚前体験について〉結婚を目前に控えたハインツ(K・バウアー)とギゼラ(B・クリンゲレート)はお互に、婚約者以外の異性と肉体関係をもってしまった。その為に二人の間に訪れた危機。しかし、賢明な二人は、理性と愛の強さで、再び以前の甘い関係に戻ったのである。〈第二章・夫が求める理想的な妻〉十八歳の女高生ユッタ(B・カペル)は、担任の教師ギュンター(S・シュヴァルツ)に恋をしてしまった。そしてこれに手をやいたギュンターは、彼女を家に呼び、妻のモニカ(K・フェールハーバー)に会わせた。やがてユッタは自分の非を認め、家へ戻っていった。〈第三章・母と娘の性意識〉十七歳になるバーバラ(R・ホイアー)は母親の誤った性意識の下で育てられたためクラスメートのヴェラ(D・ダマール)とレスビアンの関係に落ちいってしまった。しかし、兄のトーマス(R・シェーネンベルガー)の適切な助言によって、やがて彼女は、普通の健康な娘になっていった。〈第四章・夫の浮気と妻の嫉妬〉アパートで、隣どうしの二組の夫婦。ヴェルナー(R・ヴァレー)とゲルダ(R・ラーセン)は仲が良く、もう一組の夫婦の間には、いつも喧嘩が絶えなかった。そして、隣の奥さんに影響されて、ついにゲルダも、出張先でヴェルナーが、情事にふけっている場面を妄想。次の夜、心配するゲルダに、ヴェルナーは、やさしく、言うのだった。「ぼくは、絶対に君を裏切らないよ」

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Van de Velde: Das Leben zu zweit
製作年 1969年
製作国 西ドイツ
配給 大映第一フィルム
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 完全なる結婚・第二部