ジャンヌ・ダルク裁判のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャンヌ・ダルク裁判のレビュー・感想・ネタバレ・評価

1969年11月29日公開,75分

ユーザーレビュー

5.0
  • たっかん

    5
    2016/1/31

    2016年1月31日、レンタルにて鑑賞。

    この映画では、ジャンヌ・ダルクが戦場に行く前後は描かれておらず、その後の法廷裁判と牢獄での尋問などを中心に描いている。
    そのため、会話は結構多い。

    ジャンヌ・ダルク(フロランス・カレ)が法廷証言・牢屋での葛藤や苦悩している姿を、実に丹念に描いたブレッソン監督作品であった。

    世界史で有名な「ジャンヌ・ダルクの火刑」は、ブレッソン監督らしく見事に描かれている。

    素晴らしい傑作。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告