TOP > 映画作品を探す > トラック29

退屈な医師との間に子供のない結婚生活を嘆くノース・カロライナに住む主婦の姿を描く。製作はリック・マッカラム、監督は「マリリンとアインシュタイン」のニコラス・ローグ、脚本はデニス・ポッター、撮影はアレックス・トムソン、音楽はスタンリー・マイヤーズが担当。出演はテレサ・ラッセルゲイリー・オールドマンほか。

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

リンダ・ヘンリー(テレサ・ラッセル)はノース・カロライナで、老人病院に勤める年配の医師ヘンリー・ヘンリー(クリストファー・ロイド)と結婚していたが、子供が欲しくてたまらないリンダは鉄道模型に夢中の夫に、退屈を感じていた。ある日リンダは、ヒッチハイクのイギリス人の若者マーティン(ゲイリー・オールドマン)と出会い、赤ん坊の頃に自分を養子に出した母親を捜しているという彼に、チャーミングを感じると同時に、昔彼女を誘惑して未婚の母にして置き去りにした青年に似ていることにショックをうける。その夜、ヘンリーと派手な喧嘩をしたリンダは、翌朝マーティンの訪問で機嫌を直すが、巧みに取り入り、脅してはなだめる彼の、自分を捨てた母親代わりになってくれとの訴えをうけ、“ママ”と“いたずらっ子”のゲームを楽しむ。二人は浴びるように酒を飲み、やがてマーティンは鉄道模型を壊し始める。その頃ヘンリーは、彼の無能さと看護婦スティン(サンドラ・バーンハード)との個人的関係を原因に職を解雇され、その足で出向いた鉄道模型のセミナーで雄弁をふるい、満場の喝采をあびていた。酔って寝てしまったリンダが目を覚すと、そこには自分一人しかいず、自分のしたことの恐しさに、親友のアーランダ(コリーン・キャンプ)に電話し、彼女に自分を弁護してくれるよう頼むが、ヘンリーが帰宅した時、鉄道模型は全くいじられていなかった。やがて頭を混乱させるリンダは、物かげに隠れていたマーティンがヘンリーを襲っている現場を目撃する……。翌朝これまでの不満を忘れたかのように晴れ晴れとしたリンダが家を出てゆく姿があった。

作品データ

原題 Track 29
製作年 1987年
製作国 イギリス
配給 シネセゾン
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > トラック29