TOP > 上映中の映画作品を探す > キンドレッド

科学が生み落とした新生物の恐怖を描くホラー映画。エグゼキュティヴ・プロデューサーはジョエル・フリーマン、製作はジェフリー・オブロウ、監督・脚本はオブロウとスティーブン・カーペンターの共同、共同脚本はジョン・ペニーアール・ガファーリジョゼフ・ステファノ、撮影はS・カーペンター、音楽はデイヴィッド・ニューマンが担当。出演はデイヴィッド・アレン・ブルックスほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アマンダ・ホリンズ博士(キム・ハンター)は、息子で医師のジョン(デイヴィッド・アレン・ブルックス)に、実は彼に「アンソニー」という弟がいること、そして彼を始末してほしい、と言い残して息を引きとった。困惑するジョンは、母の昔の同僚フィリップ・ロイド博士(ロッド・スタイガー)に相談するが、彼は知らないと答えた。しかし「アンソニー」は、アマンダと彼との研究から生まれた人造人間で、彼女を死に追いつめたのもロイドの仕業だった。不審を募らせるジョンは、恋人のシャロン(タリア・バルサム)を始めとする5人の仲間達と母の研究室に乗り込んだ。さらに彼らの前にアマンダの信奉者というメリッサ(アマンダ・ペイズ)が現われ、共に研究の解明に加わることになった。しかしその頃から次々と異様なことが起こり、仲間が一人、また一人と姿を消してゆく。やがてジョンが、それらが「アンソニー」の仕業であることを知った頃、メリッサが異様なエビ人問となって死んでいった。彼女もまた、ロイドの実験の犠牲者だったのた。そしてジョンは「アンソニー」と対決する決意を抱く……。

作品データ

原題 The Kindred
製作年 1986年
製作国 イギリス
配給 ジョイパックフィルム
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > キンドレッド