TOP > 映画作品を探す > 幻の城 バイロンとシェリー

19世紀ロマン派の作家、メアリー・シェリーと彼女をめぐる人々のたどった運命を幻想的に描く。監督・脚本は本作が日本初公開作にあたるゴンザロ・スアレス、撮影はカルロス・スアレス、音楽は「エル・ドラド」のアレハンドロ・マッソが担当。出演は「モーリス」のヒュー・グラントリジー・マキナニーほか。

3/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

19世紀初頭、凍てつく北極の海を航海する『フランケンシュタイン』の作者メアリー・シェリー(リジー・マキナニー)は、父ウィリアム・ゴドウィン(テリー・タプリン)に、若き詩人パーシー・ビッシュ・シェリー(ヴァレンタイン・ペルカ)を紹介した時のことを思い出していた。時に彼にはハリエットという妻がおり、二人が一緒に暮らすことを父に反対されたメアリーとシェリーは、彼女の異母妹クレア・クレアモント(エリザベス・ハーレイ)に勧められるまま三人で、ジュネーヴ近郊の湖のほとりに住むクレアの愛人バイロン(ヒュー・グラント)の館を訪れた。ある雨の日、バイロンは皆に恐怖小説を書くことを提案し、メアリーは『フランケンシュタイン』の物語を書き始めた。ところが彼女の想像が生み出したこの怪物(ホセ・カルロス・リヴァス)は、やがて一人歩きし始め、彼女の周囲の人々が死ぬたびにその姿を現すことになる。バイロンの主治医ポリドリ(ホセ・ルイス・ゴメス)、ハリエツト、メアリーの異父姉ファニーの相次ぐ自殺。さらにメアリーとシェリーの一人息子ウィリアムも突然水死した。失意の夫妻はクレアとともに、イギリス人エドワード・ウィリアムズ(ジョリヨン・ベイカー)の屋敷に身を寄せる。やがてクレアは屋敷から去り、代わりにバイロンがやってきた。二人の間の娘アレグラも、その頃死んでいた。メアリーはバイロンに、シェリーの、そして彼の近い死を予言する。事実シェリーはヨットの遭難で水死し、時を経ずしてバイロンもギリシア独立戦争に身を投じようとして死んだ。そして今メアリーは、ようやくこの北極の海で怪物と訣別することができるのだった。

作品データ

原題 Remando al viento
製作年 1988年
製作国 スペイン イギリス
配給 俳優座シネマテン
上映時間 96
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 幻の城 バイロンとシェリー