TOP > 上映中の映画作品を探す > シャルロット・フォー・エヴァー

閉ざされた空間の中の、父と娘の近親相姦的な愛の葛藤を描く。製作はシャルロット・フレッス、監督・脚本・音楽・主演は「赤道」のセルジュ・ゲンズブール、撮影はウィリー・クラントが担当。共演はシャルロット・ゲンズブールら。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

父であるアル中のシナリオライター、スタン(セルジュ・ゲンズブール)と暮らす思春期の娘シャルロット(シャルロット・ゲンズブール)は、交通事故で死んだ母を思い、母と同乗していながら生きながらえている父を激しく憎んでいた。そんな娘にスタンは近親相姦的な愛を打ちあけるが、精神の早熟したシャルロットは、時としてそれを拒絶し、時にすりよってゆく。やがて現実と虚構、過去と現在の混沌の中で、シャルロットはスタンの身体に拳銃を打ち込んだ……。

作品データ

原題 Charlotte For Ever
製作年 1986年
製作国 フランス
配給 にっかつ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > シャルロット・フォー・エヴァー