肉体と財産|MOVIE WALKER PRESS
MENU

肉体と財産

1989年2月27日公開,0分
  • 上映館を探す

夏の終わりの大西洋岸のリゾート地を舞台に、ある殺人事件に巻き込まれた6人の男女の姿を描くフィルム・ノワール。製作はウンベール・バルサンとジャン・ピエール・マオ、ジェームズ・ガンの原作を基に、監督・脚本・台詞は本作品が日本での一般公開第一作になるブノワ・ジャコ、撮影は「さよなら子供たち」のレナート・ベルタ、音楽はエリック・ルランが担当。出演は「ステッペンウルフ」のドミニク・サンダ、「建築家の腹」のランベール・ウィルンン、ジャン・ピエール・レオーほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夏の終わりの大西洋岸のリゾート地。小さなペンションを経営するマダム・クランツ(ダニエル・ダリュー)は、ホテルの仕事は娘ポール(サビーヌ・オードパン)に任せきりで酒浸りの生活を送っていたが、ある晩隣人ローラ(ラウラ・ベッティ)の殺人事件を目撃する。彼女は、犯人がジゴロのミシェル(ランベール・ウィルソン)であることを確信するが、彼女の言い分を誰も相手にしない。一方ミシェルは、友人の策略家マルセル(ジャン・ピエール・レオー)と、浜辺で見かけた莫大な遺産を相続したという娘アリアーヌ(イングリッド・ヘルド)に接近し、数カ月後の冬のパリで二人は結婚した。彼らの新居にはアリアーヌの腹違いの姉で女優のエレーヌ(ドミニク・サンダ)とミシェルの妹シモーヌ(マリー・ヴィアール)、そしてマルセルの3人が同居していた。その頃ローラからの遺産を相続したマダム・クランツは、犯人捜しのため単身パリへ向う。一方エレーヌは、偶然ローラ殺しの第一発見者で、犯人は知らなかったがミシェルの行動に不審を抱き、何かを隠していると直観するのだった。母の身を心配するポールは、とある精神科医を彼女に紹介するが、そこでマダム・クランツはミシェルと再会する。やがてマダム・クランツの存在を知ったエレーヌは、ミシェルが犯人である証拠を彼女の手に渡るように差し向けるが、一方ではミシェルに心惹かれてゆき、彼もまたエレーヌに好意を抱くのだった。やがてマルセルは、マダム・クランツを殺そうとして逆にミシェルに撃ち殺される。そして彼が真犯人であることを知ったエレーヌは、ミシェルと抱きあい、さらにそれを目撃して半狂乱になるアリアーヌを射撃してミシェルは、自ら命を絶つのだった。

作品データ

原題
Corps et Biens
製作年
1986年
製作国
フランス
配給
ケイブルホーグ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?