ショコラ(1988)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ショコラ(1988)

1989年6月17日公開,0分
  • 上映館を探す

独立直前のアフリカ・カメルーンの小さな田舎町に住む唯一の白人家族の姿を少女の目を通して描く。製作はアラン・ベルモンドとジェラール・クロニエ、監督・脚本は本作品がデビュー作になるクレール・ドニ、共同脚本はジャン・ポール・ファルゴー、撮影はロベール・アラズラキ、音楽はアブドゥーラ・イブラヒムが担当。出演はイザアック・ド・バンコレ、ジュリア・ボスキほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

現代のアフリカ・カメルーンを訪ねたフランス(ミレーユ・ペリエ)は、偶然出会った黒人の親子の車の中で、自らの幼い頃の体験を心静かに回想するのだった。--50年代末期、カメルーンのフランス統治の小さな行政区に、マルク・ダランス(フランソワ・クリュゼ)は妻エメ(ジュリア・ボスキ)と娘フランス(セシル・デュカス)を伴って赴任した。彼らは黒人達の住むこの田舎町の唯一の白人家族で、マルクが監督区を巡回するためにしばしば家を留守にすることにより、残されたエメとフランスはそれぞれの時間を周りの黒人達の中で過ごしてゆくことになる。そのうちフランスは、使用人の黒人青年プロテ(イザアック・ド・バンコレ)と奇妙な友情で結ばれるようになり、一方エメは家事にいそしむことで夫を待つ辛さを紛らわす。そして庭園の世話に情熱を注ぐ彼女の生活の僅かな刺激は、時おり訪れる白人客とのディナーやダンスであった。そんなある日、進路を見失った一機の飛行機がこの村に緊急着陸した。マルクは行政官として見知らぬ乗組員たちを家に迎え入れるが、この数人の白人の到来は、ダランス一家と黒人たちの静かな沈黙の信頼をかき乱すようになる。そしてエメとプロテは内在する心のざわめきに気づきつつ、フランスは独り大人たちに取り残された観察者となる。やがて飛行機は修復され、空へと消えて行き、ダランス家にも元の平穏な日々が戻ってきたかのように見えた。しかし内面に潜む混乱が、それぞれの分別によって隠されているのである。

作品データ

原題
Chocolat
製作年
1988年
製作国
フランス 西ドイツ
配給
シネセゾン
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • 晴耕雨読

    4
    2009/5/22

    宗教への誘い文句に、倫理の観点から世の中を批判して、清く正しく美しく生きることに共鳴させるところがありますが、人間の世界は多少の猥雑さを含んだ混沌としていた方が落ち着けるのではないでしょうか。「ショコラ」は雪が舞う寒風吹きすさぶフランスのある村に、赤いコートを纏った母娘が流浪の果てに訪れるシーンから画面に引きずり込まれます。

    監督のラッセ・ハルストレムと「シッピングニュース」でも組んだ脚色担当のロバート・ネルソンは「シッピングニュース」とは逆の心温まる映画の一端を担ってくれました。撮影のロジャー・ネルスン・ジェイコブズは「ハリーポッター・シリーズ」のファンタジックな映像で有名ですが、私個人としては「フランケンシュタイン」の映像が印象に残っています。そのカメラが美しく冒頭の水面から高台の村を俯瞰するアングルは秀逸でした。この場面以外でも一枚の絵画を感じさせられますが、このプロローグの村は閉鎖的な雰囲気を出すために退色していますが、ラストシーンでは村全体の屋根の色が黄色に染まり春の訪れを感じさせてくれます。

    人と違った思想信条を持って行動すれば、孤立無援に陥り、疎外感を味わいます。学校におけるイジメ問題などもこれに起因することが大ですが、「ショコラ」はそんな風潮をも描いています。ヒロインのジュリエット・ビノシュと互角に渡り合った「ポネット」の天才少女、ヴィクトワール・ティヴィソンの名演技には心を奪われますが、精神異常者扱いをされていたレナ・オリンがヒロインの母娘たちと交流することによって、自己を確立して自立していく変移も見事でした。もう一組の家族で母娘を演じた、007のM役のジュディ・リンチは文句なしの重厚な演技、娘役のキャリーアンモスの気品ある美しさにハートを射抜かれますが、インディペンデント・スピリット映画祭で助演女優賞を取得した本格派でもあるのです。

    ジョニー・デップを含んで名優たちの競演は、テレビタレントたちの共演による学芸会「蒼き狼・地果て海尽きるまで」のような邦画界へのアンチテーゼでもあります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ふわふわ

    3
    2008/10/31

    なんといっても、この映画のジョニーデップはかっこいい!
    全体的にほんわかした暖かいかんじが、柔らかくて溶けそうなチョコレートみたいで心惹かれます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • sayosayo

    5
    2008/1/17

    でてくるチョコが本当においしそうで,気がついたら引き込まれていく不思議な魅力の映画です。
    この映画全体がかもし出す少しオリエンタルな不思議な雰囲気がとてもよいです。
    いろんな愛がつまった映画です。

    ジョニーデップがまたかっこいいです。ほんとに。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告