右側に気をつけろ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

右側に気をつけろ

1989年1月28日公開,0分
  • 上映館を探す

空の旅、音の旅、男の旅の大きな三つの流れの交錯の中で描く18景の詩的ファンタジー。監督・脚本・編集・主演は「アリア」のジャン・リュック・ゴダール、撮影はカロリーヌ・シャンペティエ、音楽・主演はリタ・ミツコが担当。出演はほかにジャック・ヴィルレ、フランソワ・ペリエら。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

物語を作り映画にして、今夕の封切までに首都に届けるならば過去の罪は許す、との電話に、"白痴"こと公爵殿下(ジャン・リュック・ゴダール)は、フィルム缶に目を輝かせる夫人(ドミニク・ラヴァナン)から缶を抱えて逃げ去る。一方ミュージシャンの男女(〈リタ・ミツコ〉のフレッド・ミシャンとカトリーヌ・ランジェ)は音を探し求め、〈人〉(フランソワ・ペリエ)と男(ジャック・ヴィルレ)は、芸術と人生を賭けて対決する。提督(ミシェル・ガラブリュ)が飛行機を着陸させる頃、チェック・インが始まった空港カウンターで、殿下は締切りとはねられようとするがスチュワードの特別待遇で救われる。機内では出発を前に機長の提督が秘かに〈自殺の実践〉研究している。そして混乱の中、機は飛び立った。ドストエフスキーの〈白痴〉を読む"白痴"は、老夫人の20歳の頃の恋物語に耳を傾ける。北に向う列車で男が対決しているのは、昔の仲間で、今は自分に手錠をはめた刑事(ジャック・リュフュス)である。着陸した飛行機の混乱の間をぬって、殿下のフィルムを奪う提督夫妻。虐殺のサッカー・スタジアムで死を迎える人々。提督夫妻に俳優ヴィルレの男がいるカフェで、新たな音の旅に出発する話をするリタ・ミツコのふたり。光と対話する提督。彼のエルドラド座にまぎれ込んだ〈人〉が映写するフィルムに、「地上に」「ひとつの場を」のタイトルが現われる。

作品データ

原題
Soigne Ta Droite
製作年
1987年
製作国
フランス
配給
フランス映画社
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?