映画-Movie Walker > 作品を探す > カラスの飼育

感受性の強い9歳の少女の姿を現実と空想の中で描く。製作はエリアス・ケレヘタ、監督・脚本は「血の婚礼」のカルロス・サウラ、撮影はテオ・エスカミーリャ、音楽はジャネット、美術はラファエル・パルメロが担当、主演はアナ・トレントジェラルディン・チャップリンほか。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マドリッドの中心にある住宅地の古い家。そこには11歳のイレネ(コンチタ・ペレス)、9歳のアナ(アナ・トレント)、5歳のマイテ(マイテ・サンチェス・アルメンドロス)の3姉妹が、職業軍人の父親、ピアニストの母親(ジェラルディン・チャップリン)、半身不随の祖母、召使いのロサと暮らしていた。母と父はいさかいが絶えず、口論の末にピアニストを諦めた母は、やがて病に倒れてこの世を去っていった。生前、母が不幸だったことをアナは知っていた。父は、愛人といっしょの時突然死んでしまう。両親を失った彼女たちは、叔母の家に引きとられるが、叔母は母のかわりにはならなかった。叔母のいない間に、大人ごっこをする姉妹。アナは、母に毒性を持つと教わった白い粉を自分の宝物にしている。彼女は、父はその死の前夜、アナがグラスに注いだ粉によって死んだと思っている。祖母が車椅子にかけて口もきけない状態でいるのを同情し、大人の権威をふりかざす叔母には憎しみを感じ、それぞれに、父と同じ方法を試みる決心をするのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Cría Cuervos
製作年 1975年
製作国 スペイン
配給 シネセゾン
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > カラスの飼育