TOP > 映画作品を探す > 黒い炎・情事

若妻の秘められた愛の心と忘れ得ぬ欲情を特異なシチュエーションの中で描く。製作はエンツォ・ガルロレッロ・スカラーノ、監督はマカロニ・ウェスタン「さすらいの一匹狼」のトニーノ・ヴァレリー、脚本はリッカルド・ジオーネとトニーノ・ヴァレリーの共同、撮影はジュリオ・アルボニコ、音楽はジェームズ・セネスジョー・アモルーソが担当。出演はサンドラ・ウェイほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

夫を見送ったシルヴィア(サンドラ・ウェイ)の唯一楽しみは、夫の帰りを待つこと。ただそれだけの退屈な生活の日々だ。ある日、男ディエゴ(マルツィオ・C・ホノラート)が宝石を盗もうと押し込み、宝石がないと知るとシルヴィアの肉体に迫った。部屋中を逃げまわるシルヴィア。彼女の美しい肉体を男の荒々しい欲望がもてあそんだ。それから数日後レイプした憎むべきディエゴを探すシルヴィアの姿があった。街を歩き遂にディエゴの居所をつきとめ、男への復讐を果たそうとして持っていたナイフを振り上げた。彼女が振り上げたナイフを取りあげると、自分の部屋のベッドに押し倒し彼女を抱くディエゴ。シルヴィアの歓びに燃える肉体。辱められながらもディエゴに惹かれていく。粗暴な男ディエゴは、郊外の小さな町の銀行などを襲って生きるならず者だった。ある日ストリップショーに連れていかれたシルヴィアは舞台の上で実演させられたり外で行為を強いられたり……いままでの刺激のない生活からは考えられない日々が続くのだった。

作品データ

原題 Without Scruple
製作年 1985年
製作国 イタリア
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 黒い炎・情事