ベルリン・天使の詩|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ベルリン・天使の詩

1988年4月23日公開,128分
  • 上映館を探す

ベルリンを舞台に人間の女性に恋した天使が人間になる姿を描く。製作・監督・脚本は「アメリカの友人」のヴィム・ヴェンダース、共同製作はアナトール・ドーマン、エグゼキュティヴ・プロデューサーはイングリート・ヴィンディッシュ。原作・共同脚本はペーター・ハントケ、撮影はアンリ・アルカン、音楽はユルゲン・クニーパーが担当。出演はブルーノ・ガンツ、ソルヴェイグ・ドマルタンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ベルリンの街。廃墟の上から人々を見守っている天使ダミエル(ブルーノ・ガンツ)がいる。天使の耳には、地上の人々の内心の声が聞こえる。天使の姿は子供たちには見える。コロンボ刑事役で親しまれているアメリカの映画スター、ピーター・フォーク(本人)がこれからベルリンで撮影に入る映画の脚本を読んでいる。街の中のさまざまな人々の肉声。ダミエルは、親友の天使カシエル(オットー・ザンダー)と、今日見た自然や人々の様子について情報交換し、永遠の霊であり続けながら人間ではない自分にいや気がさしている。図書館は天使たちの憩いの場だ。老詩人ホメロス(クルト・ボウワ)が失われた物語を探している。サーカスに迷いこんだダミアンは、空中ブランコを練習中の美女マリオン(ソルヴェイグ・ドマルタン)を見て一目惚れをする。橋のたもとで起こった交通事故で死にかけている男に息をふきかえさせるダミエル。カシエルは、ホメロスにつき添ってポツダム広場を歩いている。ピーター・フォークの出演しているスタジオには様々な人がいる。ダミエルはカシエルを呼んでサーカスの公演を見にゆく。マリオンを見つめるダミエル。最後の公演を前に死の怖れを語るマリオンの肉声。ロック・コンサートで踊るマリオンの手にふれるダミエル。夜明け、ピーター・フォークはダミエルに人間になることをすすめる。壁をこえてノーマンズランドを散策するダミエルは、マリオンへの愛をカシエルに告白する。人間に恋すると天使は死ぬ。彼はカシエルの腕の中で死んだ。西ベルリン側の壁のそばで目をさましたダミエルの目の前は、モノクロから色彩の世界に変わっているのだった。

作品データ

原題
Der Himmel Uber Berlin
製作年
1987年
製作国
西ドイツ フランス
配給
フランス映画社
上映時間
128分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • 黎華

    5
    2012/3/30

    子どもが子どもだった頃...
    心を惹き付けるフレーズで始まる天使達の世界。彼らは何ものにも染まらないから黒いコートでそこに・・ある。彼らの言葉は、人にインスピレーションを与え、生きる術を・・・希望を注ぎ込む。だから言葉の宝庫である図書館にはたくさんの天使達がたむろするのだろう。

    前半の大半を使って天使たちの何たるかを大いに語り、後半では人間に恋しその世界に下りることを決意したひとりの天使にスポットを当てた。
    なんて素敵な天使の世界なのだろう。
    そして監督は、要所要所にすごいスパイスを掛けていってくれいる。
    恋をするとカラーに見える世界とか・・・
    人間に下ると資金源として骨董の鎧が落ちてくるとか・・・
    元・天使がいっぱいいる・・・とか

    心温まるファンタジー世界を生み出してくれたヴィム・ベンダースに感謝したい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • とらとら☆TRTR

    4
    2010/6/23

     
    賞を取れればよいといものではないけれど
    カンヌで賞賛を得るためには
    工夫された映像、詩的な物語の展開
    多くの人の心を潤せるような
    胸に響く芸術性を備える必要があるような気がする
     
    迂闊にも何度か眠りに堕ちてしまった
    きれい事だけのストーリー展開ではないけれど
    モノクロの画面に引き込まれながら
    徐々に気持ちが穏やかになってくる
    見落とした部分はもう一度観ればいい
     
    探してみれば もっともっと
    素晴らしい作品は掘り出せるものだろう
    千載一遇のチャンス?を求めて
    色々な上映機会に足を運びたいと思う
    (鎌倉市川喜多映画記念館にて鑑賞)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 秋の国から

    5
    2008/10/29

    素直な心で恋をすることは素敵だが、何かを捨てて恋をするのは切なくもある。ブルーノ・ワルターが素晴らしい演技を見せている。ウチのかみさんが口癖であるあの人の正体も見ものかな。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告