TOP > 上映中の映画作品を探す > キャプテン・ザ・ヒーロー 悪人は許さない

過去にヒーローとして活躍したキャプテンの現在の姿を描く。製作はアンドリュー・ガティ、監督はフィリップ・モラ、脚本はスティーヴン・デスーザとアンドリュー・ガティ、撮影はマイク・マロイ、音楽はウィリアム・モツィング、編集はジョン・スコットが担当。出演はアラン・アーキンクリストファー・リーほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

古き良きアメリカ。キャプテン(アラン・アーキン)は、かつてのヒーロー。アル・カポネの暗黒時代にはマフィアを退治し、第一次大戦ではナチス・ドイツの戦闘機を叩き落とし、人々に輝きと希望と明日への夢を与えたヒーローだ。しかし時が流れ、逆らえぬ時勢の流れからキャプテンは失脚。栄光の姿も今は昔の思い出と化してしまった。その行方を知る人もいない。そして現在。ここニューヨーク。この大都会では秩序が乱れた地下の巣窟では暗黒の帝王ミスター・ミッドナイト(クリストファー・リー)が密かに世界征服をもくろんでいた。ミッドナイトはまず、国防省が極秘に開発した、民衆の精神構造を思いのままに変えてしまうという“催眠光線銃”を盗み出し、その極秘兵器を思いのまま操ろうとしていた。その邪悪な魔手に何も術もないアメリカ大統領。彼はふと、幼い頃憧れていた“キャプテン”のことを思い出した。一方、オーストラリア。アル中とおぼしき中年男がひとり。今日も酒瓶片手にクダを巻いている。この人物こそかつてのヒーロー、キャプテン。ところがひょんなことから大統領と再会。キャプテンは再びヒーローにカムバックすることになった。が、昔の活躍ぶりは早々には再開できるものではない。大空を自由に飛行した“イントゥ・ザ・ブルー”も、素晴らしいパワーを発揮した“マグネット・オン”もコンピュータを凌駕した“ビギン・ザ・プログラム”も、今では超能力を失ったキャプテンにはどうにもコントロールできない。ミッドナイトの魔の手はその間にも刻一刻と伸びていた。急がなくてはならないキャプテンのリハビリテーション。徐々にパワーを取り戻した彼は、40年間の宿敵ミッドナイトを、苦戦の末、やっと滅ぼすのだった。

作品データ

原題 The Return of Captain Invincible
製作年 1983年
製作国 オーストラリア
配給 コムストック
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > キャプテン・ザ・ヒーロー 悪人は許さない