映画-Movie Walker > 作品を探す > トリエステから来た女

中年の漫画家と海で溺れかけていた女の愛を描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、エグゼクティヴ・プロデューサーはルチアーノ・ルナ、監督はこの映画の原作者でもある作家のパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、脚本はオッタヴィオ・ジェンマ、撮影はアルフィオ・コンティーニ、音楽はリズ・オルトラーニ、編集はアメデオ・サルファが担当。出演はベン・ギャザラオルネラ・ムーティほか。

1/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

イタリア系アメリカ人のディーノ・ロマーニ(ベン・ギャザラ)は、40代半ばの漫画家。彼はトリエステ近くのピッコラ・イストリアのリゾート村の別荘に一人で住んでいる。ある秋の朝、ディーノは殆ど人気のない海水浴場で絵を描いていた。彼が目を上げると、砂浜に一人の若い女が倒れていた。その女(オルネラ・ムーティ)はすごい美人で、その後、ディーノが家に帰ると、女が待っていた。二人は愛し合った。しかし、ディーノと再会を約束すると、彼女はその日は来なかった。ニコルというその女は、その後も、ふいに現われたり現われなかったりして、そのミステリアスな様子にディーノはますます惹かれていった。ディーノはニコルに対する疑惑でいっぱいだったが、彼女の愛を必要としたディーノは、彼女が精神病院の患者であることをつきとめる。主治医マラン博士(ジャン・クロード・ブリアリ)と会い、彼女と暮らすことの困難を知り、さらにマランは、ニコルがディーノから離れられなくなる前に、彼女の前から姿を消すべきだと忠告した。ニコルは発作を起こし入院していたが昏睡状態を脱して退院する。ディーノの家に向かった彼女を、しかし彼は拒んだ。ディーノはニコルを忘れようと昔の愛人ヴァレリア(ミムジー・ファーマー)と旅行に出るが、完全な失敗に終った。ニコルを深く愛していることを実感した彼はニコルと暮らし始めるが、ニコルの病いが二人の関係を壊していった。春になり、ディーノへの愛から、自らを消そうと、ニコルは海の中に入っていった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Girl from Trieste
製作年 1983年
製作国 イタリア
配給 デラ・コーポレーション
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > トリエステから来た女